【イベント案内】もっと使おう議会を! 「市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海2010」

 11月27日(土)に「市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海2010」が開催される。名古屋市議会のリコールで注目されている東海地域で開催されることもあり、議会本来の意義、そもそも議会は何のためにあるかを考えてみる良い機会になるかもしれない。総合計画(武蔵野市での基本構想・長期計画)と議会の関係についての分科会もある。

 以下がその案内。詳しくは、市民と議員の交流会議in東海2010「もっと使おう議会を」のサイトへ。

◆「市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海2010」◆
東海から変える!市民と議員のチカラ
●もっと使おう議会を!●

*市民・行政・議会、みんなで見つけよう
*地域の課題解決への「山の登り方」

地方分権・地域主権、国での動きがあります。でも、国から地方に任せれば、何もかもうまくいく?何もかもうまくできるほど、私たちの自治体は、議会は、仕事ができていますか?そもそも、議会の仕事って何でしょう?議会でできること・しないといけないことって、何でしょう。そして市民は、選挙のときだけ議会に政治に関わればいいのでしょうか?いえいえ、自分たちのまちのこと、もっと関わる方法があるのです。
「市民が議会を『使って』自分たちのまちをつくる」実は、そんなまちがあちこちに現れ始めています。「形だけの市民の代表の集まり」から「市民の考えを代表して、進む道を決める場」へ。ひとりひとりの市民が議員が変われば、議会も変わり、まちも変わります。市民も議員もいっしょになって、未来のまちをつくるための第一歩を、ここから始めましょう。

●日時:2010年11月27日(13時~17時30分)
●場所;刈谷市産業振興センター(愛知県刈谷市相生町1-1-6)

【プログラム】
◆全体会(13:00~15:10 小ホール)
 「民主主義のイロハのイ~市町村議会の必要性」
   江藤俊昭 山梨学院大学教授
 「議会って何?基本のキ ~議会改革の今とこれから」
   廣瀬克哉 法政大学教授 自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表

◆第一分科会(15:30~17:30 小ホール)
 「議会を使って考える~市民が作った 『議会のトリセツ (取扱説明書 )』」
       奥村有紀子(「市民必携@議会のトリセツ」編集長)
 「みんなで始めよう『この指とまれ』対話ワークショップ」
       武藤郷史(ファシリテーター)

◆第二分科会(15:30~17:30 604会議室)
 「自分たちで考えるまちの未来~首長マニフェストと総合計画、総合計画と議会の役割」
西寺雅也(山梨学院大学教授 前岐阜県多治見市長)
 「総合計画審議会に委員として参画した現実」
日高章 ((社)日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会 会長)

【主 催】市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海
     「東海から変える!市民と議会のチカラ」実行委員会 
     市民と議員の条例づくり交流会議
     自治体議会改革フォーラム 
【後 援】自治体学会、公益社団法人日本青年会議所東海地区協議会、日本青年会議所愛知ブロック協議会 他

【参加費】議員4000円 市民1000円 学生無料(ボランティアスタッフとしてご協力ください)  交流会別途3000円