岡田克也幹事長/記者会見要旨 10/14

岡田克也幹事長/記者会見要旨
2010年10月14日(木)
編集・発行/民主党幹事長室

***************************************************************************
■冒頭発言
 ○週末の地方行脚について
■質疑
○地方行脚、統一地方選について
 ○官房(外交)機密費について
 ○小沢元幹事長の政治資金問題
 ○米政府の臨界前核実験
 ○党綱領
 ○沖縄知事選挙の候補者擁立
 ○尖閣ビデオ映像提出
 ○幹事長就任1ヶ月の所感
 ○当選1回生の人材活用
 ○党の政治資金改革
 ○議員連盟のあり方
 ○人事院総裁との会談
 ○対北朝鮮外交
***************************************************************************



★会見の模様を以下のURLで配信しています。
http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20101014okada.asx

■冒頭発言

○週末の地方行脚について

【幹事長】私から1点、既に始めておりますが週末の地方行脚について、私とし
てはなるべく土曜日、日曜日を中心に現場を見たいという思いで、年内回ってい
きたいと考えております。特に当選1回生議員の地元を中心に演説会という所も
ありますが、というよりはむしろもっと小規模の意見交換とか現場を見るとか、
この前の土日ですと、日曜日は青森で漁業、林業、農業の現場を見たということ
で、それぞれでそれに携わる皆さんのご意見を聞かせていただいたと。例えばホ
タテの養殖が非常に危機的な状況にあると。暖かかったためにですね。漁業組合
の皆さんからお話を聞かせていただいたわけですが、そういう形でなるべくそれ
ぞれの地方の現場を見ていきたいと考えております。これは枝野幹事長代理、長
妻筆頭副幹事長にも分担していただいて、3人で回れば年内47都道府県全部回
れるのではないかと思っておりますが、なるべくそういう形で週末は過ごしてい
きたいと思っております。私からは以上で後は皆さんから国会も予算委員会を
やっておりますが、そういったことも含めてご質問をいただければと思っており
ます。

■質疑

○地方行脚、統一地方選について

【記者】地方行脚について。先週から地方行脚が本格化しているが、統一地方選
に向けた戦略、どういうことを念頭に地方行脚をしているのか。特に当選1回生
議員の地元を含めてと言ったが、その狙いは。

【幹事長】できるだけ、当選した若い人たちの地元を少し強化したいという狙い
も込めて回っております。それから現場を党の幹部が見るということは、私は非
常に重要なことだと思っております。今までどちらかと言うと海外ばかり見てお
りましたので、幹事長になってしっかりともう一度国内の状況を把握したいと。
直接声を聞きたいという思いもあります。統一地方選挙との関係は、なるべくそ
の時に県連の幹部とか支持団体である連合の皆さん、あるいは各種団体の皆さん
との意見交換をしていきたいと考えております。候補者をなるべく擁立するとい
う党の方針についても徹底をして、特に県連の皆さんにはその方針に沿って擁立
を進めてもらうように要請していきたいと思っています。先般の石川でも秋田で
も青森でもそれぞれもう少し候補者を立てられないかということでお話しを聞か
せていただいたところです。

【記者】地方議員の数について。政権与党になって未だ自民党とは地方議員の数
に大きく水をあけられているが、その現状と来春の統一地方選の目標について。

【幹事長】いまだと言いますが、まだ政権交代して間もないわけで、その間も地
方選挙はほとんどありませんから、今自民党の(地方議員の)方が多いのはある
意味では当然のことではないかと思います。(統一地方選の)党の方針は、すで
にこの場でも申し上げている通り、3つの方針があります。空白区を無くす、全
ての選挙区から候補者を立てる、これが第一の原則です。第二の原則は3人区以
上での複数候補を立てる、第三の原則は女性候補を増やす、この三原則について
周知徹底していきたいと考えているところです。もちろん、先般も秋田や青森で
も申し上げましたが、一足飛びに理想の姿にはいきませんので、現実も踏まえな
ければなりません。たくさん立てたはいいが、共倒れしてしまうということでは
いけないわけですが、しかしチャレンジしないかぎり議席は増えませんし、選挙
区によってはいろんな事情で、例えば現職の地方議員の方が、なるべくライバル
が立たない方がいいという傾向は今までなかったわけではありません。あるいは
国会議員が、いろいろな事情の中で県会議員を立てないということもあります。
そういった壁を乗り越えてしっかり(候補者を)立ててもらうということが非常
に重要であると思います。民主党が出来て10年以上経ちますが、都道府県ごと
に見ていくと、県会議員が公認、推薦含めると第一会派のところもあれば、また
数人しかいないというところもあって、かなり格差が出てきているので、しっか
りと後押していきたいと思います。

【記者】数の目標というのは。

【幹事長】いずれにしろ、特にありません。

【記者】地方行脚で沖縄にも行く考えはあるのか。

【幹事長】年内に私が行く予定は今のところ立てておりません。状況にもよると
思いますが、しかし枝野さんなり長妻さんが行かれるということは、まだ計画は
具体的にはありませんが当然考えられる、先程言いましたように47都道府県3
人で手分けして回ろうということでありますので、行かれる可能性は十分にある
と思います。

【記者】年内に。

【幹事長】年内に、はい。なるべく地方の旨いものを食べるとか、そういったこ
とも含めて文化にも触れたいということです。先般、輪島塗の製作過程を見に
行った時に非常に手間がかかるといいますか、1回塗るだけかと思っていました
が、かなり何回も塗っては削り、塗っては削りということもよく理解できました
し、お椀を2つで5万3千円を買うはめになったのはちょっと痛かったんですが
(笑)、それでも帰って愛用しておりますので、一生使うと思えばそう高くはな
いということではないかと思います。

○官房(外交)機密費

【記者】前外務委員長の鈴木宗男氏が98年当時の沖縄県知事選で、3億円ほど
の機密費が稲嶺陣営に流れたという発言をした。その発言の中で当時の小渕首相
から官房機密費が足りなければ外交機密費を使ってもいいと指示があったことも
発言している。内閣官房機密費、外交機密費が都道府県知事選で片方の陣営を支
援するために使われることについて、民主党、岡田幹事長としてはどのように思
うか。

【幹事長】これは、想定、仮定の議論ですから、それに対して特に過去のことで
すし、お答えするつもりはありません。外交機密費というのは外交用務に使われ
てきたと私は承知していますが、そういうことで官邸に拠出をして、その後どう
使われたかということはそのことまではトレースできていませんのでちょっとコ
メントはできない、そういう問題だと思います。

【記者】自民党政権時代のような機密費の使い方を民主党政権として留保するの
か、それは国民の理解を得られないとして、機密費は何十年先に公開されたとし
ても国民の納得が得られるような使途に限るのか、今後の方針についてどう考え
るか。

【幹事長】外交機密費については、前原大臣が最終的な処分決定者だと思います
が、基本的には外交用務ということから見ると、選挙に使うということは考えに
くいことではないかと思います。官房機密費については、それは官房長官にお聞
きいただかないと、私が勝手にお答えするわけにはいかないと思います。ただ、
機密費には機密費の性格がありますから、そのことに沿って使われているという
のが原則ではないかと思います。

○小沢元幹事長の政治資金問題

【記者】小沢氏の陣営が検察審査会の起訴議決の無効を求めて国を提訴する意向
を示していることについてどう考えるか。

【幹事長】そういう事実は私も聞いておりますけれども、特に私がコメントする
話ではないと思います。

【記者】それによって党の(小沢氏に対する)対応が変わることはあるか。

【幹事長】どういうことで訴えておられるのかということも確認しておりません
ので、あまり簡単にはコメントできない問題かと思います。そもそも党の対応と
いうのがこれから議論するわけですから。

【記者】一部報道で民主党として小沢元代表に対して政倫審の出席を打診する方
針だと報じられているが、幹事長として(小沢元代表の)政倫審への出席は念頭
にあるのか。

【幹事長】この場で説明したかと思いますけれども、これから国会で基本的には
決めるということですから。国会の中で野党のご意見もよく聞いてどうするかと
いうことを決めていく問題であります。政倫審でという報道があったことは承知
しておりますが、どういう根拠で言っておられるのか、私は大変驚いておりま
す。そういうことはありません。決めたということはありません。

【記者】今日、輿石参院会長は(小沢元幹事長の)政倫審への出席を求めたり、
証人喚問に応じたりする必要はないと言っているが、これは党として何か決める
というよりは、国会で決めるべきだということでやはり本人の意思だという考え
に変わりはないのか。

【幹事長】基本的には政倫審は2つケースがあって、ご本人が自ら疑惑を晴らし
たいと。いままではそういう形でやっておりますが、仕組みの上ではもう一つ多
数決でということもあります。その2つのケースが考えられるということである
と思います。証人喚問は予算委員会の議を経てということになると思います。そ
れが全会一致なのか、多数決なのか、ということはその場で議論されることだと
思っております。
【記者】今、北海道で衆院補欠選挙が行われているが、小沢氏の問題が選挙に何
らかの影響を及ぼしていると考えるか。

【幹事長】そこはよくわかりません。影響が有るのか無いのかですね。むしろ皆
さんの方がいろいろ調査をしておられるのではないかと思いますけれども。あま
りそういう話は接する有権者からは指摘されることは少ないという報告は聞いて
おりますが、全体を見ているわけではないので定かではありません。

【記者】北海道5区補選では、自民党サイドは政治とカネを前面に出して攻勢を
かけているが、小沢氏のことがマイナス要因だと思うが、党の措置・処分なり国
会招致への対応とか補選の投開票時をひとつのめどに何らかの方針を決める考え
はあるか。

【幹事長】非常に重要な問題でありますので、しっかりとした議論が必要である
と思います。何か補選があるからそこでお尻を切って慌てて結論を出すというよ
りはしっかりとした議論と。そしていつも言っておりますが、説明責任、党とし
て公党としてこういう結論に至った理由はこういうことであるということはきち
んとできることが重要であると思っております。

【記者】来週の役員会では今週の役員会での小沢元幹事長に関する議論を踏まえ
て、岡田幹事長が自分の考えや案を披露するのか、それとも引き続き役員会のメ
ンバーの意見を聞いていくのか、どのように役員会を進めていくのか。

【幹事長】いろんなご意見があって、それがある程度、熟してくるということは
必要かと、最終的な結論を出すためには。いろんなご意見がある中でいきなり幹
事長がこうだということはあり得ないことであると思います。

【記者】今の話の「熟す」は具体的にどういう意味か。

【幹事長】論点が明確になり、その論点についてそれぞれ議論の方向性が出てく
るということが望ましいと思います。この前もテレビで申し上げたが、証人喚問
あるいは政倫審の出席に関する野党の皆さん、何を聞きたいのかということを明
確にしていただきたいと申し上げたのですが、そういうことについてもその後も
予算委員会の理事会などでもお答えはありませんし、司法との関係についてもい
ろんな経緯があったわけですが、何かご見解を示されたわけではないと私は承知
しております。

【記者】前回の記者会見で岡田幹事長は自らが小沢氏から話を聞く意向を示して
いたが、何時、どのタイミングで話を聞くのか。

【幹事長】あまり細かいことは、今は皆さんに申し上げるつもりはありません。
ただある程度方向性を持ったうえで意見を聞かないと、白紙で聞いてもそれはあ
まり意味がないのではないかと思います。

【記者】先程公党として結論に至った理由、それについての説明責任が重要だと
の発言があったが、そもそも小沢氏はこの問題に対して説明責任を果たしている
と考えるか、否か。

【幹事長】次元の違う話ですね。「説明責任」という言葉は共通ですけれども、
どういう結論になったとしても何故そういう結論になったのかということについ
て、党として結論に至るわけですから、それについてなぜかということをきちん
と説明しなければならないということと、小沢先生が説明責任を果たしているか
ということは全く次元の違う話であります。

【記者】幹事長としては現段階で(小沢元幹事長が)説明責任を果たしていると
考える
か。

【幹事長】何に関する説明責任なのかと。そういうこともはっきりしないわけで
すから。そういう抽象的なご質問にはお答えしにくいことだと思います。

【記者】検察審査会の強制起訴について。一般的に検察が起訴した場合の有罪率
99.9%といわれて、一審で無罪でも二審でさらに有罪率が高くなるという現
実があることを踏まえての処分と今回の検察審査会の強制起訴による有罪率につ
いてどう認識をして
いるか。

【幹事長】そういったことが1つの論点であることは事実だと思います。内容に
ついては申し上げません。いろんな意見があるかと思います。

【記者】昨日、菅総理が「場合によっては小沢さん本人の意向に沿わなくてもや
らざるを得ないときは党として判断したい」と述べているが、この考えは党内で
共有されているのか。「やらざるを得ない」というのは具体的にどういう場合か。

【幹事長】それは総理に聞いていただきたいと思います。ただ総理がおっしゃた
ことは幹事長として当然、それを尊重して進めていくということは当然です。

○米政府の臨界前核実験

【記者】9月15日に米政府のネバダの地下核実験所で臨界前の核実験を行っ
た。幹事長は外相時代に核軍縮に熱心に取り組んでいたが、これについての受け
止めを。

【幹事長】政府としての考えは総理も官房長官もご発言になっていますから、そ
れに私は加えることはありません。ただ、個人的な意見を求められれば、残念な
ことですと申し上げたいと思います。

○党綱領

【記者】昨日の国会質疑の中で菅総理は党綱領を作る方向で検討したい旨発言し
ている。これによって党綱領作りのプライオリティーが高くなることはあるのか。

【幹事長】世代の違いですかねこれは。ただ、そのように総理がおっしゃってい
るわけですからそのことは重く幹事長として受け止めさせていただきたいと思い
ます。ただ、目の前はたくさんやることがあるので、少しそういったものの方向
性が見えた上で考える必要があるのかなと思っております。

○沖縄県知事選挙の候補者擁立

【記者】沖縄県知事選挙について。告示まで1ヶ月を切ったが、県連がどの候補
を推薦するのか方針が決まっていない。政府与党の方針に沿う候補者が上がって
こない中、自主投票になるのではないかとの声も聞こえるが。自主投票というこ
との方針についてどう考えるか。

【幹事長】まず、県連において候補者について様々ご検討いただいていると思っ
ています。従って政府の方針に沿った候補者の擁立ということをあきらめたわけ
ではありません。現在進行中であります。非常に困難な道であることは事実で
す。沖縄の皆さんが日米の合意に対して賛意を示しておられない方が多いという
ことは承知しております。なかなか候補者の擁立は簡単なことではありません
が、まだ断念したわけではありません。自主投票というのはしたがって、それは
まだそういう状況ですから議論するのは早いと思います。それから自主投票とい
う言葉はよく出ますが、それにも様々な意味がありますので、つまり誰をやって
もいいという意味だけでは必ずしもありません。今後、候補者擁立をできないと
いうことになれば、どういう中身を持った自主投票にするのかということもよく
議論する必要が出てくるだろうと思っております。

【記者】党の方針に沿わない候補者を応援しないという「拘束」をかけるような
自主投票のあり方というようなことを幹事長は今述べたのか。

【幹事長】中身は特に申し上げておりません。それが県内の党所属の議員に関す
るものなのか、あるいはそうではないのか、ということも含めていろんなバリ
エーションがあると思いますので。今、あまり具体的に申し上げないほうがいい
と思います。まだあきらめていないわけですから。

○尖閣ビデオ映像提出

【記者】尖閣諸島沖での漁船衝突事故のビデオ映像提出について。昨日、衆院予
算委員会は那覇地検に対しビデオ映像の提出を求めることを議決した。今後の対
応は政府の判断になるかと思うが、日中関係への影響が懸念される中で幹事長は
どのような対応が望ましいと考えるか。

【幹事長】これは政府の中で検討がなされるということでありますので、もちろ
ん政府の検討にあたって党としてもよく政府の考え方をおうかがいし、党として
どう考えるかということも申し上げたいと思いますが、今、この場で何か申し上
げるのは適切ではないと思っております。

【記者】公開された場合、公開のあり方についても国会で議論されると思うが、
それについて国対に指示を出す考えはあるのか。

【幹事長】そういうことも含めて党としてどう考えるかということは、政府と当
然すり合わせしなければなりません。最終的には政府がお決めになることです
が、党としての意見は言うケースはあるかもしれません。

○幹事長就任1ヶ月の所感

【記者】幹事長就任1ヶ月になるが、これまでの幹事長の時との相違点とトップ
ダウンでのリーダーシップ発揮に期待する意見が一部にあることについてどう考
えるか。

【幹事長】まず、もう1ヶ月たったのかなという感じはいたしますが、与党と野
党では若干違うという面もあると思います。政策に関してはやはり与党ですから
政府が中心で、もちろん政調もあるわけですけれども、幹事長としてはむしろ選
挙とか国会運営とか、それから今皆さんが議論されているようなこととか、そう
いったことに特に力点を置いてやっているというのが現状です。もちろん政策に
ついても党の中で大きく議論しなければいけないような場面になれば幹事長とし
ても一定の役割を果たさなければいけないだろうと思っております。

リーダーシップというのは、それはリーダーシップということの定義の問題です
が、やみくもに上意下達で何か言うことではありません。なるべく多くの皆さん
が納得できるようにしっかりと手順を踏みながら一定の結論を見出していくとい
うのが私はリーダー
シップであると考えております。

○当選1回生の人材活用

【記者】小沢幹事長時代には1年生は役職に就けないという方針があったが、岡
田幹事長は1年生の人材活用をどう考えるか。

【幹事長】今、いろんなことを考えております。幹事長補佐という役職には当選
1回生の方についていただこうと思っております。その他にも当選1回生だから特
にダメだというようなことは考えてはおりません。それはケース・バイ・ケース
で考えていけばいいのかなと思います。同時に次の選挙にもちゃんと勝っていた
だかなくてはなりませんので、そのためのアドバイスとか、あるいは党としてで
きる支援とか、そういったことも様々考えていきたいと思っています。そういっ
たことは現在いろいろと議論しているところであります。

○党の政治資金改革

【記者】党の資金について。組織対策費、支出や決裁の仕組みを変えるという考
えを示しているが、その狙いとどういう形に変えていきたいのかについての考えを。

【幹事長】これは就任時に公平、そして透明な党運営ということを申し上げまし
た。その考え方に沿って、いくつかのことを変えたものもありますし、これから
まもなく変えようというものもあります。例えば、従来はお金の決裁は財務委員
長かぎりでしたが、ある程度の金額になれば幹事長代理や幹事長が決裁をすべき
であると私は思います。やはり振込みでやると。現金のやりとりは避けるべきだ
と。きちんと後が残る形で、振込みでお金のやりとりが行われるべきであると
思っております。組織対策費についても、組織対策費はその後、領収書がない使
い方ですので、我々政治家の活動は1円から領収書を準備するということになり
ました。なるべく透明な政治活動という趣旨だと思います。そうであれば党のお
金の使い方についても、それが数億円にわたって領収書がないという使い方は、
私は避けるべきであると考えております。

【記者】組織対策費という支出はもうしないという考えか。

【幹事長】基本的にはそう考えています。それは定義の問題ですけれども。まと
まったお金を個人に渡して、そしてその後、領収書その他がないということは好
ましくないと思っております。

○議員連盟のあり方

【記者】議員連盟のあり方について。小沢幹事長時代には超党派や政務三役の参
加を制限するという基本方針だったが、これについてどういう問題があるか、ど
う見直していくのか。

【幹事長】従来内規のようなものだったと思いますが、近々若干方針を見直して
常任幹事会にご報告したいと思います。党執行部が決めたことでも党所属の議員
に関わることでありますので、そういったものは常任幹事会に少なくとも報告す
るということが必要だと思っております。次回の常任幹事会でそういうものをな
るべく報告したいと考えております。大きく変えるつもりはないですけれども、
ものによっては超党派の方がいいというケースもあると思います。外務大臣とし
て見ておりまして友好議連が与党と野党で二つあるとか、そういうことは必ずし
もよくないと。今度、インドのシン首相がお見えになります。その時お迎えする
超党派のインド議連と民主党のインド議連があるということは避けたいと思っ
て、これはひとつにすることを決めたところであります。今までできたものは、
それはそれとして尊重されるべきだと思いますが、これから作っていくものにつ
いては、なるべく超党派ということが望ましい。外国との関係の議連はですね。
ただ一方で、なかなかポストをですね、与党と野党が入れ替わったにもかかわら
ず、重要なポストを野党が独占しているということは好ましくありませんので、
よく話し合っていきたいと思います。

○人事院総裁との会談

【記者】先ほど会談した人事院の江利川総裁とはどんな話をしたのか。公務員給
与削減について菅首相は人事院勧告を超えた削減をと発言しているが、この件で
幹事長は連合等労組側の意見を聞く予定はあるか。

【幹事長】江利川さんは前から知っている人ですので、一度ご挨拶にということ
でお受けしたのですが、わりと細かい資料を持ってこられてお話になりましたの
で(笑)、これは後で読んでおきますということで、あまり細かくお聞きしませ
んでした。諸外国の例がどうなっているとか、労働基本権についてですね、いろ
いろおっしゃりたかったようですが、それは聞きませんでした。幹事長になって
からそういうあまり細かい具体的な話は頭が受けつけなくなっておりますので
(笑)、後でお読みしますということでお引取りいただいたところです。

【記者】労組側から話を聞くことについては。

【幹事長】これはどちらかというと玄葉さんの仕事かなと基本的にはそう思いま
す。それで上手くいかないということであれば、関与してもいいですけれども基
本的には政調会長のところで、閣内の関係大臣がおやりになる話ではないかと
思っています。まだ幹事長がどこまでやるのかというのが自分でも悩むことがあ
りますが、野党の時とは違います。野党の時は代表がいて、幹事長がいて、ネク
ストキャビネットのネクスト首相、ネクスト官房長官であったり、副首相であっ
たりしたわけですね。幹事長というのは。そういう仕組みが今ありませんので、
政策についてはやはり政府、政調に一次的には任せると、先般の補正(予算)の
ように大きな話についてはきちんと報告を受けて最終的に党としての考え方は常
任幹事会にも報告させると。こういう形でやっていくのかなと思っております。

○対北朝鮮外交

【記者】対北朝鮮外交について。44年ぶりに朝鮮労働党代表者会議が開かれ、
先軍政治でやってきたが、朝鮮労働党がかなり再建されたのではないかとの分析
がある。党と党との話し合い、党レベルでの交渉が1つのパイプ、今後の交渉の
あり方として選択肢にあると思うが、党同士の外交をどう考えるか。

【幹事長】北朝鮮は今回、ご指摘なようなことがあるにしても実態がどうなのか
というのはもう少し見極める必要があると思います。そう簡単に、国家の権力の
ありかが簡単に変わるものかどうかということがあると思います。もっと注意深
く見なければならないと思います。加えて北朝鮮に関しては、今、韓国を中心に
ですね、日本政府も交流については慎重にということですので、そういう状況の
中で党が党間交流だということは基本的に考えられないところです。もう少し平
時になった時にどうするかというのは、その時点で考えていくということではな
いかと思います。

=======================================
編集・発行/民主党幹事長室
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1
*掲載内容を故意に歪める形での再配布はご遠慮ください。
 http://www.dpj.or.jp/
 Copyright(C)2010 The Democratic Party of Japan.
=======================================