放置自転車対策の決定打は?  (福岡視察報告)

hukuoka (8) かつて放置自転車日本全国ワーストワンの汚名から、その後の官民協働による対策で226位と地位向上となった福岡市の駐輪場の状況を視察してきた。放置禁止地域の設定、強制撤去だけではなく公園の地下や民間ビル、歩道上にまで駐輪場を設置したこと。駐輪場を使うと商店街の割引券がもらえたり「チャリエンジョエルス」というキャラクターを結成しマナーアップの向上を行うなどありとあらゆる対策を実施している。その結果はどうなのか。

hukuoka (2)



 福岡市の中心地、天神地区は商業の中心地であり公共交通網の要の街だ。周囲が平坦であること、中心市街地への交通渋滞が慢性化していることなどから自転車が利用しやすい状況にある。そのため、内閣府が隔年で調査している「駅周辺における放置自転車調査結果」で2001年と2003年に連続してワーストワンとという不名誉な結果になっていた。そのため、行政だけではなく地域や商店街、NPOなどと協働して対策を行い汚名を返上している。

hukuoka (12)hukuoka (11)

 市が行ったのは自転車利用総合計画を策定し、自転車を都市交通手段の1つとして明確に位置づける一方で自転車利用者の責任・義務を明確にし、マナーアップも行っていることだ。マナーアップは、行政が主導するのではなく商店街などとの協働で“お役所臭くない”「放置自転車ZEROキャンペーン」を実施しているのが特徴だ。hukuoka (10)
 たとえば、「チャリエンジョエルス」というキャラクターを結成し街のなかでチラシを配布したり、繁華街では自転車を降りて押して歩く「おしチャリ」キャンペーンの実施、押して歩く「おしちゃりロード」の設定などだ。ある担当者に話を伺ったところ、自転車対策はこの商店街などとの協働が大きなポイントとなったとされていた。それは、直接的な利益につながらないので自転車対策を商店主などはやりたがらない、行政にお任せになることが一般的だからだ。ところがワーストワンになったことで街の魅力を落とし利益の減少につながるのではないかとの危機意識からか、ともに対策を実施することになったのだそうだ。当然だが、市役所も警察も本腰を入れて対策をしたが、それだけではとても十分ではなく、官民が協働したことで成果につながったともいえるようだ。

 しかし、実際の現地を見て思ったのは、それでも十分ではないということだった。hukuoka 

 象徴的なのが武蔵野市でも行われているような歩道上を使った駐輪場「サイクルポスト」だろう。いくつか見てきたのだが、想定されている駐輪台数以上に自転車が駐輪されているばかりではなく、駐輪するには料金が必要(自転車にワイヤーロックをかけて100円を払うシステム)なのだが、これを無視して駐輪している自転車が多くあったからだ。「サイクルポスト」のすぐ横に駐輪している自転車も多かった。
 また、自転車が通行できる歩道があるのだが、危険なため押して歩くことになっている「おしチャリロード」でも押して歩く人が皆無だった。ここは、キャンペーンが行われている時は押して歩くが、やっていない時は誰も降りていないと市でも把握していた。
hukuoka (5)

 歩道上の自転車を整理している方に自転車対策は良くなっているのか、効果をあげているのかを伺った。すると、「有料駐輪場を作っても入れない人が多い。入れてもお金を払わない人も多い。以前よりかはずっと良くなったが、結局は、教育だよな。マナーがなっていないのだから。これじゃ福岡でオリンピックなんかできないよ」と嘆いていた。

hukuoka (9)

073

 多額の税金を投入して駐輪場を設置しても、それを使おうとしない自転車利用者もいることが、問題の根底にあるということだろう。教育が適切なのかは分からないが、駐輪場対策は自転車利用者の意識が実は最も問われているのだ。ありとあらゆることをやっている福岡。物的な対策は限界のなのかもしれない。ではどうするかが、武蔵野市にとっても大きな問題だろう。たとえば武蔵境駅周辺。利用想定台数と駐輪場の台数はほぼ同じで理論的には放置自転車がなくなるはずだが実際にはなくなっていない。駅から遠いなどの理由は分かるが、それでいいのだろうか。駐輪場の拡充は必要だ。だが、それだけでは対策ではない。

hukuoka (7)【写真】上から
・歩道上に設けられた駐輪場「サイクルポスト」。駐輪する場所は奥のほうで手前は放置自転車。決められた場所に駐輪していない
・「おしちゃり」の大型表示。地下道への入り口に貼られていた
・歩行者優先の標識。駐輪場の場所と距離の表示
・公園下を利用した駐輪場
・チェーンを付けず料金を払わない利用者もいる
・市街地から離れると利用者が少ない
・あちらこちらにマナーアップを呼びかける表示があるが、景観はどうだろう
・自転車通行禁止の場所でも気にしない自転車利用者
・放置禁止をものともせず駐輪されている

【参考】
福岡市 放置自転車ZERO宣言 ホームページ
福岡市自転車利用総合計画