公立保育園の子ども協会移管のニュースレター 

shinmusashino 8月19日の文教委員会で保育課が保育園保護者向けに公立保育園の子ども協会移管についてのニュースレターを発行しているとの答弁があった。運営主体を子ども協会へ移管することについては、これまで、保護者への情報が間違った内容も含めて伝わることで混乱が起きていたと思う。ニュースレターは画像のとおりだが、このように市として正式な情報を出していくことは評価したい。

 委員会では所管の文教委員会にも資料提供をすること。決まったことを知らせるのではなく、これから行われることを事前に伝え、保護者にも関心を持ってもらえるように伝えて欲しいと要望をしたところ、そのようにしたいとの答弁だった。

 ニュースレターはシンプルなものだが、子ども協会立保育園の職員体制について園長、保育士などで検討を始めていること。秋には市内の認可保育園共通の「保育のガイドライン」を保護者も参画しての検討を開始したいと伝えていた。