武蔵野市での100歳以上の高齢者安否

 100歳以上高齢者の所在や安否が不明になっていると連日報道されている。今年度、武蔵野市内の100歳以上の高齢者は62名。武蔵野市の場合はどうなのか。



 結論から言えば、すべての人の安否は確認されている。
 武蔵野市では75歳以上の方々へ毎年、市からのお祝いのメッセージを届ける友愛訪問事業が行われており、ほとんどの人の安否を毎年確認していることに加え、医療や介護保険の利用状況で判断。それでも確認できない人には市職員が直接訪問することにより確認されたものだ。

 友愛訪問事業は、武蔵野市赤十字奉仕団の活動によりささえられているもの。75歳以上の方々全員へ直接訪問するという事業だ。改めて感謝をしたい。他の自治体ではこのような手厚いことをしていなかったこともあり、今回のような安否が分からないことになっているのだと思う。報道ではなかなか良いことは伝わらない。安否が分からないことで自治体や担当者を責めるよりも、なぜできないのか、改善するにはどうすべきかを検証し報道すべきではないか、とも思った。

【参考】
武蔵野市赤十字奉仕団