日本の未来? 財政危機のカリフォルニア州 職員賃金を最低賃金に

 経済規模を国家に換算すると世界第8位の規模とされるアメリカ・カリフォルニア州が財政危機のうえ、予算が成立しないことから州職員の賃金を法で定められている最低賃金(時給約640円)に削減するという。


 産経新聞の報道によると、州議会の民主党と共和党の勢力が伯仲しており、財政危機のなか公共支出の削減も増税もできない状況で予算の成立見込みもないことから、予算成立までの措置として実施するのだそうだ。なんだか日本の未来のように思えてならない。日本は大丈夫か?
 
 カリフォルニア州知事といえば、シュワルツェネッガー氏。映画ターミネーターのように未来から送り込まれて来て人類を救うようなことはできないようだ。

【参考】
産経新聞 職員の給与を最低賃金にまで削減 財政危機のカリフォルニア州