参議院選挙 武蔵野市での結果を考えてみる

 参議院選挙の結果は民主党の惨敗とされているが、比例での民主党の総得票数(政党名と個人名の合計)を見ると約1845万票だ。自民党の約1407万票に比較すれば、まだまだ捨てたものではないことになる。wariaiしかし、公明党の約764万票よりも多いみんなの党の約793万票の数字を見ると既存政党へのイエローカードが出ているというのが正解なのかもしれない。全国の分析は専門家に任せるとして武蔵野市での政党別得票を見ると全国とは違う傾向となっていた。


 図は、今回の参議院選挙比例区の武蔵野市での投票者総数に対しての各政党の得票数割合と昨年の衆議院選挙比例での得票割合。これを元に割合の増減を比較してみた(昨年はなかった政党や得票数の少ない政党は省く)。

 政党名  衆議院選挙との得票割合の増減
民主党     -4%
自由民主党 -7%
みんなの党 +8%
日本共産党 -3%
公明党     +1%
社会民主党 -1%

musashino 民主党の割合は減って入るが惨敗とまで言えるのか、が武蔵野市の場合かもしれない。 2名の民主党候補者の合計数と自民党の2名の候補者の合計得票数を合わせた票数を武蔵野市と東京選挙区で比較しても同様の傾向がある。今回の参議院選挙は、地方での1人区での負けが全体の勢力図に大きく影響しているといえるのではないだろうか。みんなの党の躍進で指摘されていることだが、既存の政党に嫌気が出てきている傾向も大きいのだと思う。参議院で野党勢力が拡大したからといって、野党を国民が心底から支持をしているのではないのだと思う。ここを野党に勘違いされると、国民が不幸になりそうだ。
 とはいえ、民主党が大きく反省をすべきなのは確かだ。国会運営などおかしなことがたくさんあったからだ。
 武蔵野市の得票を見ていて他の地域とは傾向が異なっているのであえて書いてみた。ご参考まで。

【参考】
武蔵野市選挙管理委員会 平成22年7月11日執行 参議院議員選挙(武蔵野市開票区)