外環地上部の話し合い 次回は7月28日に開催

 外環道路特別委員会の委員向けに「第5回武蔵野市における外環地上部街路に関する話し合いの会」の開催案内が届いた。

 地上街路とは外環ノ2のこと。

 日時 7月28日(水)19時から
 場所 武蔵野商工会館4階市民会議室(吉祥寺)

 話し合いの会は、入り口の部分、議論の進め方や必要とする資料についてどのようにするかが固まらずなかなか本質の議論へたどり着いていない。5回目でどこのように進展するか注目だ。

1/3



 外環の2については、先日、TBSテレビの噂の東京マガジンで特集されていた。TBSのサイトでは、『計画なき都市計画 ゾンビのような地上街路』として下記のように解説されている。

『計画決定してから40年近く凍結されていた外環道。石原都知事の強い要望により3年前に地下化に計画が変更しましたものの、その後も迷走続きです。去年4月に国の国幹会議で整備路線に格上げされた直後に政権交代、予算も一時凍結されてどうなるのかと思っていたら今年4月に前原国土交通大臣から高速割引料金改定の財源で事業化が発表されました。ところが小沢幹事長の「高速料金の実質値上げはダメ!」の一言で、6月から実施されようとしていた新料金は見直しに…。そして鳩山首相辞任で幹事長も共倒れ。これから外環道はどうなるのか? まだまだこの道の行き先は前途多難です』

 youtubeに映像があったのでご参照を。


2/3


3/3