市役所のヒゲ禁止指導

 群馬県伊勢崎市役所が男性職員に対してヒゲを禁止したのだそうだ。報道によると市民から苦情があったことが理由。公務員らしくするために職員課が指導するもので罰則はないとしている。しかし…。



 デブだから、目つきが嫌いから、髪の毛が薄いからと市民から苦情が寄せられるごとに禁止にしていくのだろうか。今年の市民に好感が得られる姿はこの姿かたちに決まりました。全職員がするように! と指導することになったり、みんな同じ姿の職員になってしまうじゃないの、と思ってしまう。
 アニメや漫画の規制と同じで、気に入らないのは規制、排除という論理になっていないだろうか。
 なぜこのような指導をするのか報道で知るしかないので、いいとも悪いとも判断しにくいのだが、なんだかおかしいぞ、と思う。ヒゲをはやした議員の視察は受け入れてくれるのだろうか…。

【参考】
日刊スポーツ ひげ禁止令、苦情で市役所が職員に通達