全国初 流山市議会がUSTREAMで生中継開始

 千葉県流山市議会でUSTREAMによる委員会のインターネット中継を行った。USTREAMは、動画の生・録画中継を無料で配信するサイト。気になる費用は、導入時に購入したウエッブカメラ代金の数千円という。費用を理由に、ネット中継に踏み切れない議会が多いと思うが、USTREAMを使うことでこの理由はなくなりそうだ。



 流山市のプレスリリースによると、議会の積極的な情報公開を推進するためにUSTREAM(ユーストリーム)での生・録画中継を実験的に開始した。USTREAMを利用した委員会中継は、おそらく全国初だろうとしている。中継したのは、4月5日に開催された市議会活性化推進特別委員会。流山市議会は、昨年の9月に「市民に開かれた市議会」の実現に向けて、更なる情報発信と情報通信技術(ICT)の推進を求める決議』をしており、この決議に基づき「議会の見える化(可視化)」を目指した試みの一つでもあるとしている。
 動画画面は、基本的に固定。唯一、購入したウエッブカメラをパソコンに接続し、そのままUSTREAMへアップするというシステムだ。不適切発言などがあった場合には修正しない、議事録も中継した内容と同じにすることを前提にすることで、中継後の手間や議会事務局の負担もないとしている。

★「市民と議員の条例づくり交流会議2007」で「インターネット中継は、議会改革の切り札になるか」との分科会を行ったことがあるが、情報公開としても導入をしたいが費用がネックになるが結論だった。その後、美幌町で中古のビデオ機材を使って21万円でネット中継を行った事例があったが、ほとんど費用が発生しない流山市議会の試みは導入をためらう議会の背中を押すことになるかもしれない。不適切な発言があった場合への対応をどうするか、議会によって見解は異なるだろうが、費用面からは否定できないからだ。議会を公開したくないとの思いがあれば別だが、多くの議会の参考になるはずだ。
 USTREAMはツイッターとの連携も可能で、生中継を見ている市民の「つぶやき」を委員会に反映することも可能だろう。新たな議会のあり方にも一石を投じるかも知れないUSTREAM中継だと思う。

【参考】
千葉県流山市 報道官 全国に先駆けてUstream(ユーストリーム)による議会中継を実験的にスタート