地域主権と地方議会

ローカルマニフェスト推進議員連盟の運営委員会で北川正恭早稲田大学大学院教授(地域主権戦略会議。元三重県知事)と山田啓二京都府知事(「国と地方の協議の場」実務者メンバー)の話を伺った。地域主権の流れの先に、自治体は首長だけになるか、議会(議員内閣制含む)だけになるか。首長と議会との生き残りになるかもしれない。今の世間からの目では議会の勝ち目は少ない。先進議会のように改革が必要だろうと二人の意見は一致していた。

mani

 鳩山内閣の1丁目1番地と位置付けられている地域主権だが、その中身、方向がどこへ向いているかが今回のテーマだった。

 北川教授は、議会基本条例や自治基本条例を制定している地方が多くなっているが、住民の在り方も問われている。議会は定数削減や議員年金が必要かも考える必要があるが、何よりも議会での“学芸会”を続けるかを考えるべき。地域主権となれば、理論だけではなく結果をだせる議員になるべきだ。これからは、住民にもほんとうのまちづくりは何か、自治とは何か。住民の責任を問い詰められることになり、問い詰めることが出来る議会かも問われるだろうと地域主権が進むことで議会が変わらなくてはならないことを冒頭に話されていた。

 山田知事は、地域主権が進むようにしたい。そのために戦うことへのバックアップをして欲しい。今は、本当の自治を地方議会から変え始めたタイミングだと思う。しかし、地方分権のままで続けようとしている人もいる。地域主権という言葉は、流行になっていることもあり、危険的な混乱状態になっているかもしれない。国会主権対地域主権の軸ができた。協議対象範囲は、ありとあわゆるものが入ることになった。
 国と地方の協議の場からは、地域主権を進める法案が出されるかもしれない。できたら地方に覚悟があるのだろうか。地域主権は、パンドラの箱を開けたことになる。原理原則、できるだけ住民に近いところで決定するのがいい、と言っていれば良かったが、地域主権となれば、いうだけではなく実行しなくてはならない。言うだけが終わる時代になる。地方自治の幼年期の終わりになるだろう。
 しかし、地方六団体は協議ができるのだろうか。国から言われたことだが、特に議長会は地方の意思として意見をまとめ、責任を持って議論できるのだろうか。これからは、意思を決定しなければならない。どのようにするのだろうか。今後、協議されたことは国会に報告され、法案となり成立すれば、今までの制度が大きくかわるとんでもない威力がある。そういう大きなパンドラの箱が開いている、と地域主権で協議されている大まかな内容を話されていた。

 これらの話を伺った後、参加者との間で質疑や意見交換が行われたが、今後はどのような動きになるか。特に、1月に総務省の地方行財政検討会議(議長・原口一博総務相)の初会合で、地方議員を自治体幹部に登用する「地方版議院内閣制」の是非なども検討するなど自治体の組織や運営について細かく規定する地方自治法の抜本改正に向け協議が始まったことを受けて、地方議会が何をすべきかが焦点となった。、

 山田知事は、地方政府基本法の制定がスケジュールにあるが、どれだけ知られているだろうか。知事会では山田知事が統括となりプロジェクトチームを作っている。直轄事業や補助金をなくしていくことで、今までの考え方が変わり、間違いなく地方が壊れる。壊すことはできても、その次を作る段階では、残された考え方の寄せ集めでフランケンシュタインになってしまいそう。そのような地域主権となれば、議会がコントロールができるだろうか、とこれからの現実を考えるべきとの意見を述べていた。
 
 参加者からは、地域主権が1丁目1番地なのに、会議には議員が入ってない。議長会の会長はローテーションでなるのであってどのように意見をいえるのだろうか。地方議会、議員が議会でできることは何だろうか、との問いかけもあった。

 山田知事は、世界で生活できる給与をもらっている地方議員は韓国と日本ぐらい。国家へのパワーはあるはずなのにやってこなかったことを考えるべきだ。国が支持率で考えを変える時代。地方はどうするか。今は分岐点だ。
 北川教授は、6割の住民が地方議会は怪しいと思っている。外からではなく、議会の内側から変わることをやるべきだ。国から相手にされる存在だろうか。地方議会が必要であると説明できるだろうか。首長との“談合”ばっかりではないか。地方議会が何なのか問われていると現状での多くの議会への認識を示され、さらに山田知事は付け加えて、本当に必要なのは、首長と議会とが政策でまっこうにぶつかる土俵を作れるかだ。行われてきていないことに胡散臭さがある、と話されていた。

 
 このほかにも地域主権をキーワードにさまざまな意見が交わされた。結論に至ることはなかったが、北川教授が、生活が壊れている中で議会が変わってきた。変わらないと議会の存在意義が説明ができないからだ。議会が自らを住民にさらけ出して、住民と決めることが必要になる。勉強しないで選挙がうまいだけの議員でいいのか。議会が変われば執行部も変わる。全体が変わっていく時代になっているはずだ、との発言がまとめに近いのではないかと思えた。

★地域主権は、パンドラの箱という言葉が印象的だった。地域主権とは、国から権限がもらえるだけと思っている人が多いように思うが、それでは単なる地方分権に過ぎない。国とは関係なく、地域が自ら財源も考えて決めていくことが必要になるのが地域主権であり、そのためには地域が自ら考え行動し責任を持つことになる。あれもこれも欲しいといっているだけでは、何も始まらないのだ。現実的に国頼らず何ができるのを考えるのが地域主権だろう。その先導役は、首長なのか、議会なのかが問われることになるはずだ。
 北川さんとの話で、抵抗勢力、もしくは追認機関でしかない議会であれば、必要なくなるじゃないか。4年に一度の選挙で首長を変えれば、市政の方向を住民が選択できるのだから、議会がムダになってしまうかもしれない。首長と議会との生き残りが地域主権かもしれない、との言葉も印象的だった。いずれにせよ、議会が問われているのが地域主権だ。