やすえ議員が辞職

 12月21日の本会議でやすえ議員(自由民主党)の辞職願いが出され、受理された。

 このことで、武蔵野市議会議員は、先に市長選出馬で辞職した議員も含めると定数に2名少ない24名となる。また、いわゆる邑上市長の”野党”である自民党、公明党、市民クラブの会派が議会半数の12名となるが、自民党会派から議長を出しているため、この三会派だけで議決数の過半数を得ることはできなくなった。

 辞職の理由は、一身上の理由とのこと。他会派ではあるが理論的な議論を行ってきたなどやすえ議員の辞職は議会として損失だと思う。残念だ。