上海環球金融中心視察(1)

 上海にある上海環球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター。以下SWFC)を視察してきた。SWFCは、中国経済を牽引するための国際的な金融センターとして考えられた高さ492m、地上101階という世界最高層ビル。オフィスだけではなく、国際会議場、パークハイアットホテルや商業施設も入る複合高層ビルで、設計・監修を森ビル株式会社が担っている。
Shanghai01
 今回の視察は、世界を相手とした都市計画や都市再開発、森ビルが提唱する「Vertical Garden City(立体緑園都市)」を地方議員の方々にも実感して欲しい、世界的視野を持って欲しい。そのためには、ぜひSWFCを見て欲しいと以前懇談させていただいた森ビル社長の森稔氏の要望と森ビルのご厚意にもあり実現したものだ。



 上海視察は、私も運営委員として関わっているマニフェスト大賞の運営委員を中心に北川正恭マニフェスト大賞審査委員長を団長として行われた。

 来年に万博が開催されることもあり、急ピッチに進む上海の話は聞いていたが、実際に訪れてみると、聞いていた以上にあちらこちらで高層ビルや商業ビル、マンションの建設が進み、同時に道路や地下鉄の工事も進められている様子には驚かされた。まるで街全体が工事中との雰囲気で道路もあちらこちらがデコボコ状態のままだ。街中に工事の砂埃が舞い上がっており、晴れる日がないとの話もあったほどだ。
 
 国の体制が違うこともあり、工事のやり方にも驚かされた。例えば、高速道路を建設したところ、急カーブがあり危ないと分かると、カーブの途中にある建設したばかりのマンションを取り壊してまでして高速道路をまっすぐに建設し直してしまうのだそうだ。

Shanghai02 SWFCの建設予定地にも多くの住民がいたが、あっという間に転居が完了し建設することができたとの話も伺った(現在は違うが、そもそも住居の個人所有が認められていなかったこと。移転先の住宅のほうがはるかに快適な環境だったのだそうだ。今は個人所有が認められているので、大規模な移転は難しくなっているという)。これらは、上海スピードとも言われるそうで、時間をかけて進む日本のまちづくりとは、まった次元の異なるスピードだ。

 東京の都市開発を考えるさい、世界との都市間競争に勝てるか、との議論があるが、上海を実際に見てみると、とうていかなわないと思った。というよりも、国家体制が違うのだから、建設ありきで競争しても勝てるわけがない。別の勝負の仕方を考えるべきだ。建造物の建造競争ではなく、今ある建造物の活用も含め、建造するのであれば、完成した後のまちがどのようになるかも考えること。つまりは、建設すればいいのではなく、まちづくりの大きな理念が勝負を分けるということだ。ハコモノというと建築関係者からは批判されることだが、ハコモノありきではダメということを上海の地でもあらためて実感してしまった。

 上海のまちを歩いていると、近代的な建造物が建ち並び、現在も多くの場所で建設が進んでいた。しかし、その側面から裏側を除くと昔ながらの、というか、簡素な住居が建ち並んでいることが分かる。北京オリンピックのさい、貧困層の住民が住む地域を外から見えないように塀で囲ったとのニュースがあったが、同じように、まず壊すところを囲ってしまい外からは見えないようにして建設を進めていくのが中国流なのかもしれない。
 何しても国家体制が違うのだから、日本と同じ土俵で考えても仕方がないということだろう。
Shanghai03

 上海には、ユニクロがあった。生産国なのだから安いのかと思ってのぞいてみたが、日本での価格とほぼ同じだった。
 上海で庶民が食堂で食べるランチメニューが10元(150円)弱と考えると、ユニクロの商品は高価格・高級品ということになる。それでも多くの人がいたし、これもまた日本とほぼ同じ価格だったスターバックス・コーヒーにも多くの人がいたこと。新しいマンションが建ち並んでいるが、その家賃を聞くと、日本と変わらないような値段でもあることを考えると、日本の格差社会どころではない経済格差が中国にはあることも実感した。
 このことが将来、どのように国会に影響するかは分からないが、日本人間隔では良いのかとも思ってしまうのだが。

Shanghai04

 第一回目の今回は、“さわり”のみ。次回に上海環球金融中心の視察報告をします。
 

(写真上から)
・超高層ビルが建ち並び開発が続く浦東地区を対岸から見る。四角い巨大な栓抜き(失礼)のような超高層ビルがSWFC
・中国で始めの歩行者天国がある南京東路。大型デーパートなど商業施設が建ち並びユニクロもあった
・中国のラーメン。上海蟹もいいけど、こちらのほうが性にあっている。8元(約120円)
・一歩裏通りを歩くと昔のまち並みが残っていた。これから壊され新たなまちになるのだろう