やんばダム 中止or建設 吉祥寺アンケート

 民主党が総選挙のマニフェストで掲げたやんばダム(八ツ場)の中止について、建設を続行すべきとの意見やマニフェストどうりに中止すべきとの意見がぶつかっている。私は中止すべきとの考えだが、武蔵野市での意識はどうなのか。武蔵野市民だけとは限らないのだが吉祥寺で街頭アンケートを行ってみた。

yanba02

 アンケートは菅直人事務所のインターンなど20代の若者が企画したもの。民主党武蔵野支部の政治活動のひとつとして実施してみた。実施日は9月26日(土)。およそ13時~19時までの間、吉祥寺の街頭で通行している人に中止すべきか、建設すべきかを聞き取り調査した。

 【結果】
・中止すべき=191人
・建設すべき=78人
———————-
    総数=269人

 この調査の有効性など細かなことは別としても、吉祥寺では約71%の人は中止すべきとの意見だった。
yanba

 
 現地の人たちへの生活再建策は必要だがダムは建設すべきではないと思う。ダムが必要なのか、生活再建が必要なのか論点を整理する必要もあるはずだ。ダムを建設すれば、すべてが良いのではないはずだ。

 武蔵野市の水道水は、約7割が地下水を利用しているが、この地下水を水道水源として計算しておらず、水が足りないとしているのだから、そもそもやんばダムダムが本当に必要なのかが疑わしい。建設することでいろいろな“得”(利権や票?)がある人たちのために建設するのではないか。このことにメスを入れる意味でも、少なくとも今から建設を進めるべきではない。

 地元は、中止に反対。ダム建設を求めているとのマスコミ報道があるが、9月26日付け日刊ゲンダイは『八ッ場ダム関連に国交省176人天下り!』との記事を掲載していた。中止されれば、建設会社だけではなく国交省としても困るから建設するというのだろうか。また、建設を求める住民としてテレビで放映されていた人は、自民党系の町議会議員とも指摘されている。

 報道だけでは見えない裏側も考える必要がある。そして、そもそも何が求められているのかを整理するべきだ。

【参考】
産経ニュース 【イチから分かる】八ツ場ダム 中止か継続か 問題長期化
高野孟の「極私的情報曼荼羅」 八ッ場ダム関連に国交省176人天下り!
livedoor news 八ツ場ダム問題、推進派のデータはニセ情報紛れ込む

写真上:民主党の“ゆるキャラ”民主君も該当アンケートに登場した
写真下:アンケート結果。「正」の字が整っているのは、途中でアンケート票を書き直したため