【案内】変わる議会・会津から

 市民と議員の条例づくり交流会議が初めて地方開催を行います。題して『変わる議会・会津から』
 議会改革は多くの自体議会で始まっています。そのなかでも注目されているのが会津地域です。今回は会津を舞台に議会改革の様子を現地から聞こう,議論しようとのイベントとなります。



 
 市民と議員の条例づくり交流会議は,市民,議員、研究者、自治体職員などで政策・条例づくりへ向けて互いに学びあうための場として2001年からスタートしています。私は運営委員として携わっています。今回は別件があり私は参加できませんが,日帰りも可能です。ご興味のある方はぜひご参加ください。

以下に概略を掲載します。
詳細と申し込みは,市民と議員の条例づくり交流会議まで

=================================
▼市民と議員の条例づくり交流会議 in 会津
 変わる議会・会津から
=================================

 日時:2009年6月6日(土)~6月7日(日)

 会場:会津若松ワシントンホテル(福島県会津若松市白虎町201)
 参加費:議員4,000円、市民1,000円
  (別途:交流会参加費2,000円、フィールドトリップ資料代300円)
 主催:「変わる議会・会津から」実行委員会
     市民と議員の条例づくり交流会議
     自治体議会改革フォーラム
 後援:福島県市議会議長会、福島県会津若松市議会、社団法人会津青年会議所、
     (財)地方自治総合研究所、ほか調整中

=================================
【プログラム(2009年05月20日現在)】
≪6月6日(土)≫
13時15分 開会
・主催者あいさつ
・開催地あいさつ 田澤豊彦(会津若松市議会議長)

13時30分 全体会
「自治体議会改革/会津で語る市民と議会の関係」
・基調報告:
    廣瀬克哉(自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表)
・事例報告:
会津若松市議会 市民との意見交換会を「政策形成サイクル」の起点として位置づけ、地域課題の解決、政策づくりをめざした政策討論会の実践
     
南会津町議会 2008年2月以降定例会ごとに積み重ねた、議会の説明責任、開かれた議会をめざす、議員による住民のための議会報告会の実践

会津美里町議会 夕張市の教訓を生かすため、町執行部に対して、59項目の行財政改革推進を提言。大学等と連携をしながら議会改革に取り組む。 

・パネルディスカッション
コーディネーター:廣瀬克哉
江藤俊昭(山梨学院大学教授)
 菅沼栄一郎(朝日新聞編集委員)
 田口一博(地方自治総合研究所研究員) 
 松崎  新(会津若松市議会議員)
 芳賀沼順一(南会津町議会議員)
 石橋史敏(会津美里町議会議員)

16時00分 分科会
【A】テーマ:自治体財政/持続可能なまちづくり
【B】テーマ:地域活性化/協働のまちづくり

18時10分 交流会(~19時40分)(参加費:2,000円)

《二日目:6月7日(日)》
 ※七日町通りまちづくりフィールドトリップ