小沢代表辞任

小沢民主党代表が辞任を表明した。総選挙前に辞めるだろうな、と思っていたが、問題はいつ辞めるかだと思っていた。後出しジャンケンではないが、民主党の代表が変わった後に自民党も変えるのではないかと思っていたからだ。

もしそうなると、それこそ政策選択ではなく選挙目的のイメージ競争となってしまうと思っていたからだ。だから、いつ辞めるかがポイントだと思っていた。小沢代表の辞任は、このことも織り込み済みだろうな、と思っているが、真相は分らない。



政局は新たな展開となったが、総選挙はどうあがいても訪れる。民主党の代表が誰になるにせよ、イメージではなく日本の未来を有権者が選択できるようにして欲しい。一度得た議席を守り続け、有権者の信任を得ないまで選挙のときに約束していたことを反対のことをしてしまうことや日本の将来を決めるような政治はもうしてかんべんだとも思う。

近く行われる総選挙は、有権者が首相を選ぶ選挙、日本の未来を選択する選挙にすべきだ。
とうぜんながら政党にその想いがあるかどうかによるが…。

その前に、民主党がお家騒動になるかも正直なところ不安。誰が代表になるにせよ、公正な選挙の後で一枚岩になる必要がある。その岩が割れてしまわないかも気になっている。