せんたく総会

4月20日に開催されたせんたく総会に出席してきた。総会には,せんたくに賛同している首長や超党派の国会議員,自治体議会議員(地方議員)が参加していたが,発言を聞いていると,現在の政治の流れが地方分権に逆行していることは明らかに思えた。

sentaku090420


「せんたく」はなんだかよく分からない組織だが,簡単に分けると次のようになる。

・せんたく(正式名称 地域・生活者起点で日本を洗濯・選択する国民連合)
 有識者と首長,地方議員で組織
 代表:北川正恭21世紀臨調共同代表

・せんたく議員連合
 超党派の国会議員有志で組織
 自民党側共同代表:小坂憲次衆議院議員
 民主党側共同代表:野田佳彦衆議院議員

どちらも政策中心の選挙にすること,地方分権を進めることを目的に集まった組織で次の総選挙までの期間限定としている。

現在のところ、地方自治体の首長(知事、区市町村長)=116名。
地方議員=314名。
国会議員=116名(自民56、民主51、公明8,国民新党1)が会員となっている。

昨年に活動が活発化していたが首相の交代,総選挙かとの流れがありしばらくは表立っての活動を控えていたため,この総会がメディアなどに登場する久々の活動となった。

総会は,国会開会中ということもあり一時間にも満たない短時間で終わったが,挨拶では,山田京都府知事が「(現在の政治は)日本の将来構想が示されていない。どこへ向かうのか。中央政府と地方が力を合わせる必要があるのにずれている。地方分権の動きと反対になっていることに危機感がある。地方分権なくして日本の再生はない」
小阪衆議院議員が「中央集権の行き過ぎと国民不在の政治は日本の危機。地方分権を進め官僚主導の政治。政策を選択できる政治へと議員としての決意を固め,自らも国民の選択にゆだねる」と発言していたことは意味深い。
首長だけではなく,政党を越えて地方分権の必要性を認識している国会議員も多いということだと思う。

総会は,せんたく(洗濯・選択)八策を示した決議文を野田衆議院議員が朗読し採択。閉会となった。

せんたく八策は,幕末に坂本龍馬が起草した新国家体制の基本方針「船中八策」にならったもの。決議文は下記だが,「中央集権型の陳情政治、バラマキ型の補助金政治と決別」との現在の政治を根本的に変えようとの内容が含まれているだけではなく,「地方議員は利益誘導的な口利き・斡旋を排し、地方議会の役割、使命を根本改革すること」と地方議員・議会を変える必要性も記述されている。
次の総選挙を含め,今までの政治を大きく変えるか,現状でいいのかを選択する時期になっているのは確かだ。

せんたくの動きが今後どのようになるかは分からないが、国も地方も変える必要があるはずだ。その選択を先延ばしにすることでより日本が悪くなっていくとしか思えない。同時に地方議員・議会も変わる必要があるはずだ。

************************************************

せんたく(洗濯・選択)八策

来るべき総選挙は、各政党が断固たる決意のマニフェスト(政権公約)を示し、政策中心の「歴史的な政権選択選挙」としなければならない。このため、われわれは、自己改革を行いながら、「脱官僚」「脱無党派」「脱中央集権」を旗印に、この国の政治をいま一度、「洗濯・選択」するため、坂本竜馬の「船中八策」にならい、「平成の民権運動」を推進すべく、以下八策を決議するものである。

一策 明治以来の官僚主導・中央集権型の統治構造を根本から改め、天下の政権を国民の手に取り戻すこと。

二策 国から地方へ、権限、人材、税財源を明け渡し、多様で自立した「地方政府」を創造すること。「中央政府」は、地球環境をはじめ国際的な課題への取り組みなど、専ら、本来の責務を果たすこと。

三策 無駄使いを徹底的に排するなど、国民の目線で行政や予算のあり方を根本から作り直すこと。中央集権型の陳情政治、バラマキ型の補助金政治と決別すること。

四策 国民が暮らしの将来像を実感できる日本社会の中長期ビジョン、実現の優先順位、実行体制を明記した政権公約を策定し、国民が「選択」できる本格的なマニフェスト選挙を実現すること。

五策 総理大臣を中心とする、本来の「議院内閣制」に政治や行政の仕組みを改革すること。各省縦割りを打破し、政治主導確立に向けて公務員制度改革を推進すること。

六策 これまでの衆参両院の審議運営のあり方を国民の目線で根本から見直し、五五年体制時代の旧弊を乗り超え、「政権選択時代の新しい国会像」を確立すること。

七策 首長は徹底して自治体改革を断行し、なれあい型の多選は自らの意思で排除すること。また、地方議員は利益誘導的な口利き・斡旋を排し、地方議会の役割、使命を根本改革すること。

八策 すべての政治家は、政治倫理を確立し、政治とカネの関係を含め、自らの行動を厳しく律し、常に説明責任を果たすなど、国民の不信や疑惑を招くことのないよう努めること。

平成二十一年四月二〇日 
せんたく議員連合
地域・生活者起点で日本を洗濯・選択する国民連合(せんたく)

【参考】
21世紀臨調 せんたく総会の動画,資料がある。
47NEWS 共同通信 政権選択選挙に「せんたく八策」 議員連合が指針