ソーラー駐輪場

太陽光発電で電動ハイブリッド(電動アシスト)自転車の充電を行う「ソーラー駐輪場」が徳島県庁に設置された。徳島県と同県にリチウムイオン電池の工場がある三洋電機が環境啓発活動と企業の社会貢献としての「実証実験」として行うものだ。



徳島県庁での実証実験は,既設の駐輪場の屋根に太陽電池パネル3枚を設置し,3台の電動ハイブリッド自転車に充電するというもの。自転車だけではなく緊急用の電源としても使えるようになっている。また,職員の自動車利用の減少も目的としており,実際にどの程度減るのかも調査するとしている。

電動アシスト自転車は,環境にやさしい自転車とモーターの力で人間の体力不足を補うことができるため人気だが,環境面から考えるとその電気を化石燃料で作っていては少々気が引けることがあった。太陽光電力を使えば,機器の製造段階を除き基本的に発電時には炭素を発生しないのだから,より環境には優しくなり良い考え方だろう。

そして,技術的にはそう難しいことではないのだから,自ら使う電気は環境に優しく作る。電気の地産地消をするという自治体の環境施策としていいアピールになると思う。

環境施策は,やっているからで良いのではなく,より広く波及させていくことも重要だ。電動ハイブリット自転車の電気は,駐輪場の屋根で太陽から発電しているという分かりやすさも参考になる。

【参考】
産経ニュース 徳島県庁にソーラー駐輪場設置へ 電動アシスト自転車を充電
SANYO ニュースリリース 徳島県庁の「ソーラー駐輪場」が完成