「フツーの仕事がしたい」上映会のご案内

「フツーの仕事がしたい」上映と土屋トカチ監督のお話 のご案内をいただきましたので下記に転載します!

~これは働き方の話ではない。生き方の話なのだ。~
21世紀に甦るリアル「蟹工船」。



日時:3月13日(金)
開場18:30  開演19:00 
土屋トカチ監督のお話20:15~20:45
終了21:00(予定)
会場:武蔵野公会堂パープルホール(定員350名)
武蔵野市吉祥寺南町1-6-22
TEL0422-46-5121
JR中央線/京王井の頭線「吉祥寺駅」南口(公園口)下車徒歩2分
入場料:1000円

(ストーリー)
皆倉信和さん(かいくら のぶかず=36歳)は、根っからの車好き。高校卒業後は運送の仕事を選び、現在はセメント輸送の運転手として働いている。しかし月552時間に及ぶ労働時間(30日で割ると1日18時間働いていることになる!)のため家に帰れない日々が続き、心身ともにボロボロな状態。「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下げられた。生活に限界を感じた皆倉さんは、“誰でも一人でもどんな職業でも加入できる”というユニオン(労働組合)の扉を叩く。しかし、彼を待っていたのは、経営者による不当なユニオン脱退強要工作だった。「人としてフツーに暮らしたい」と願う皆倉さんの闘いが始まった。

主催:問合せ
ボランティアステーション
TEL/FAX 0422-28-7728
電話受付時間 月~金 13:00~18:00

詳しくはボランティアステーションのサイト

もしくは

「フツーの仕事がしたい」 公式ブログ へ