マニフェスト大賞決まる

86a96926.JPG11月7日、マニフェスト大賞授賞式が開催され、ノミネートされていた政策から大賞を含む各賞の受賞者が決まりました。
それぞれの賞をよくやっているなと素直に感銘をしますし、議会、議員としてできることは、まだまだたくさんあることがよく分かりました。


マニフェスト大賞の主催はマニフェスト大賞実行委員会(ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟、ローカル・マニフェスト首長連盟など)。地方議員の政策コンテストとして始まり、今回で3回目となる今回は、昨年に加わった首長部門に加え、市民団体も大賞に加えており、マニフェスト運動の提唱者でもある北川正恭さん(早稲田大学教授、マニフェスト研究所所長、元三重県知事)がいう「善政競争」の具体的な姿にも成ってきています。

受賞したのは下記(敬称略)。

<地方議会部門>
マニフェスト大賞・議会グランプリ
 三重県議会 新政みえ

最優秀成果賞
 北海道栗山町議会
 長野県決算特別委員会

最優秀アイデア賞
 横浜市会 伊藤大貴
 東京都議会 増子博樹

ベストホームページ賞
 神奈川県議会 松尾崇
 北海道福島町議会

審査委員会特別賞
 鎌倉市議会 岡田和則

審査委員会特別賞(箭内道彦審査員担当)
 戸田市議会 斎藤直子
大村市議会 園田裕史

審査委員会特別賞(議会部門)
 浜田市議会

<首長部門>
マニフェスト大賞グランプリ
 浜松市長 鈴木康友

審査委員会特別賞
 北海道恵庭市長 中島興世

<共通部門特別賞>
 地域環境政策賞
 <首長>
 徳島県上勝町長 笠松和市

 <議会>
 京都府議会 熊谷哲

<市民部門>
マニフェスト推進賞
 社団法人大川青年会議所

審査委員会特別賞
 みんなで語ろうまきのはら実行委員会

それぞれの受賞理由や内容については、マニフェスト大賞受賞作のページや毎日新聞などの記事をご参照下さい。

■それぞれに注目すべきことが数多くありましたが、興味深いのは栗山町議会でした。同議会は、議会基本条例を制定したことから、議員間どうしの議論を可能する議会として全国的に注目を集め、議会改革のメルクマールとしての議会基本条例に光を当てた議会と言えます。しかし、条例制定後、どのように実際に活用できるかは、始まったばかりということもあり未知数なのなか、栗山町議会の場合は、実際に議会としての考えを公の場での議論を通して形にしていたためです。

大賞の講評には『07年秋には執行部による総合計画原案に対し、議会が修正案(対案)を作成、最終的に議会案がほぼ8割採用された。特に名称変更(「発展」から「総合」)まで実現させたのは衝撃的。執行部の“専管事項”とみられてきた総合計画に議会意思を反映させた、いわば自治体議会の歴史に残る取り組み。 』とあるように、二元代表制としての議会の存在意義を示したと言えると思えました。文句を言っているだけではなく、具体的な形にすること。それも、調査活動や議論を通して作り上げることは多くの議会で参考になるはずです。

もうひとつは、長野県議会決算特別委員会。
民間企業で言えば、決算委員会は株主総会と同じで、執行部がいかに無駄なく政策を有効に実現したかを審査するものであるべきです。しかし、議会ではとかく予算に注目しがちで、使ってしまった後の決算には関心が低いように思えています。

講評には『県に対し、決算認定議案審査報告への対応状況を明確にした上で議会へ示すよう求める決議を2007年12月議会で可決。委員長報告では、総括的事項に加え個別的事項の指摘も盛り込み、翌2月には、執行部から対応状況の報告が行われた。決算不認定に対する法的拘束力がない中、決算審査の実効性を高める意欲的な取り組み』とされているように、決算委員会のあり方、議会のあり方を考える上で重要な取り組みでだと思います。

私はマニフェスト大賞の実行委員をしていたこともあり、受賞作やノミネート作を良くみることができたのですが、受賞作だけではなく、ノミネート策それぞれも興味深く参考になる政策ばかりでした。
地方議会不要論もあるなか、議会自ら必要であること、お願い要望だけでなく政策として形にしていくこと、オープンな場で議論をしていくことで、不要論がなくなっていけばいい。なくすべきだと痛感しました。

懇親会である首長さんが、国会での空想論ではなく、地方政治は現実を判断しなくてはいけない。リアルな現実を変えるのは地方だというようなことを話されていました。地方が変われば国も変わるということなのだと思います。また、政策議論ではなく、反対のための反対が議会にはある、との現実をある首長が話されていました。実際の内容が分かりませんので何とも言えませんが、議会の意識も変わる必要があるようです。二元代表制であるのなら、自ら政策を作り上げていくことが求められているのではないでしょうか。

(写真は六本木ヒルズにあるアカデミーヒルズでの授賞式の様子)

【参考】
マニフェスト大賞(公式サイト)

毎日jp 
 マニフェスト大賞:第3回受賞者決まる 地方政治、変革のエンジン
 マニフェスト大賞:大賞に鈴木・浜松市長 首長部門
 マニフェスト大賞:県議会議長「ダブル受賞を」 /三重

西日本新聞
 マニフェスト大賞に九州から風 大川JCに推進賞 園田・大村市議に特別賞