民間保育園と学童の倒産

東京都や埼玉県内で保育園と学童クラブを経営していた民間会社倒産。29施設が突如として閉鎖になっています。

倒産したのは、「エムケイグループ」。中野区や川口市、戸田市などで保育園、学童クラブ、病児・病後児保育所などを運営しています。認可保育園ではなく、認証など民間ベースの施設ばかりですが自治体の補助や委託を受けているところもあります。


同社のサイトでは、保育士募集との記事が掲載されていますので、突然の倒産ということなのでしょう。

新聞によれば、倒産の理由は、保育所の赤字や開設する際の借入が重荷となったとしています。他の会社で運営が続けられるところもあるようですが、今後の方向は定かではないようです。保育所のある自治体のサイトを確認しましたが

知人から保護者はとまどい、対応に大わらわ、との話を伺いました。確かに、明日からどうすれば良いのかという状況でしょう。

民間ですから倒産は当然ありうること。そのリスクも想定しておく必要は自治体にもあります。民間にすれば万能という時代は終わったのかもしれません。

【参考】
読売新聞 保育22施設 突然閉鎖  ハッピースマイル 資金繰り悪化