議会基本条例が議会改革のメルクマール

ローカルマニフェスト推進議員連盟の研修会のネタばかりで恐縮ですが、講演の後には、先進的な議会からの報告を含めたパネルディスカションが行われました。
パネラーから出されていたのは、議会が自ら調査し、議論し、政策を提案していくべきだろう、との意見だったと思います。
このことを考えると、議会基本条例が議会改革のメルクマールかもしれません。


パネルディスカッションのテーマは、「二元代表制と議会基本条例」。
廣瀬克哉法政大学教授(自治体議会改革フォーラム代表)がコーディネーターとなり、

・岩名秀樹前三重県議会議長(議会基本条例制定の先駆的事例)
・片木淳早稲田大学大学院教授(議長マニフェストの検証からの神奈川県議会の事例紹介)
・堀添健川崎市議会議員(政令市初の議会基本条例制定中)
・海老根靖典藤沢市長(市長マニフェストと議会) 

というパネラーから現状についての報告とディスカッションがありました。

パネルディスカッションでは興味深い意見が多く出されていましたが、そのなかで、議会基本条例が先なのか、改革が先かなのか、との疑問が投げかけられていました。

現状で良いし問題に思っていない議員が多ければ改革は進みませんが、各会派に等しくプラスになることを考えれば、いい改革内容にはならない。
合議制の特徴を活かす仕組みを考えるべきで、首長には補佐職員がいるのだから、議員を補佐する仕組みが必要と考えるべきなど条例よりも実質的な改革も考えるべきとの意見が出されていました。

また、首長から議会が長くなる(もめるのではなく、議論が増えて)と職員の本来の仕事できない、金がかかるとの批判が出ているところもあるようですが、議員間の討議であり、職員に聞くのではない。自ら集めた資料で討議するのが本来なのだから問題はないはずだ、との意見も出されていました。

議会の意志決定として、多数決なのか、全会派一致なのか。全会派一致では、内容が薄まってしまうのではないか、との疑問が出されていましたが、岩名前三重県議長は、議会が一枚にならなければ意見が通らないと考えている。一致ではないと執行部は楽だろう。一致には、密室でやるのではなく情報公開に徹してきた、と話されていました。

他の意見でも、合議で決定するからこそ自治。中央政府と対等になる担保になる。そのためのルールを作ることが必要だ。議会が何をしているのか分からないことに課題がある。条例は先例主義を打破することになる。議会の行動も変わるはずだ、との意見が出され、メルクマールとして議会基本条例がある。各地で制定が進んでいるので注目すべき、との結論であったと思います。

■ローカルマニフェスト推進議員連盟の特徴と思うのが、特定の政党だけで構成されていないことと、ひとり会派の議員もいれば、最大会派の議員もいることです。
政党の主張を述べるだけではなく、少数会派の嘆きを言うわけでもなく、どうしていけば、政策中心の政治になるか、議会での議論を進めることができるのかを政党の枠を越えて議論ができることにあると思っています。

同じように、議会で政党や会派の枠を越えて議論をする。議会としての意志を合議して決定していく、そのシステムが議会にも必要なのだと思います。
条例をつくることが目標ではありませんが、合議するための議論をするルールとして、議会基本条例を考えるべきだと思いました。

議会基本条例といえば、北海道の栗山町議会ですが、栗山町では現在、視察の受け入れを制限しています。
これは、視察が多すぎて日常業務に支障を来しているため、指定の日時に行い費用も負担して欲しい(有料化)との内容です。
人口1万4000人の町に19年で120団体、1000人以上の視察を受けていている(人口の一割近く)のですから、全国的にも議会基本条例への関心度の高いのだと思います。

議会基本条例(会議条例を含む)を制定した市議会は、19年度で11議会(全国市議会議長会調べ)。都道府県議会、町村議会を含めると100を越えてきています。

一種のブームとも言われてはいますが、注目するかどうか、議会が問われるのかもしれません。

【参考】
栗山町 視察のご案内
市民と議員の条例づくり交流会議 議会基本条例のうごき