調整計画で全員協議会開催へ

武蔵野市第四期長期計画調整計画についての市議会全員協議会が開催される見込みとなりました。

現在、調整計画の策定は進められており、近く策定委員会から市長へ報告が出される予定となっています。これを受け、市長が市としての調整計画を作り、正式な計画となります。

この市としての調整計画についての説明をする、との位置づけがこの全員協議会となります。そのため、説明するのは策定委員会ではなく、市長となります。

日程は3月12日(水)。午前10時から開会の予定。


議長から正式な通知が出されていませんので、あくまでも予定ですが、2月21日の議会運営委員会で日程などが決まったため確定となっています。

全員協議会ですので傍聴も可能です。
ただし、全員協議会室で開催予定。傍聴席が少ないため大勢の方が傍聴を申し込んだ場合は抽選になる可能性もあります。

先の調整計画策定委員会と議会との全員協議会では、議会の“良識”が問われる質問をしていた議員もいましたが、果たして次回はどうなるのでしょうか。
決まった計画の説明ですし、議会に議決案件でもないので時間を使うような質問はないと思いますが、良識の意味が異なることもあるので要注意です。

また、次回の全員協議会は、先の全員協議会で、策定委員会の計画案から市長の計画になった後、どうするのかとの質問が議員からあったことから開かれるものです。
これまでの調整計画策定では、計画自体ができた後に市議会へ説明することはありませんでした。これまでにはなかった始めてのことになります。
説明をしていこうとの市の姿勢は良いと思いますが、では、説明を受けた議会はどう活用するのかが問われるかもしれません。