調整計画原案決まる

1月8日に武蔵野市第四期長期計画調整計画策定委員会が開かれ、原案について承認され、現在は市のサイトで公開されています。

原案全体を通じて思えたのは、単年度の計画なので、具体的な書き込みは少ないことです。平成20年度~24年度にかけての計画ですから、その期間内に個別の施策はやるべき、とのスタンスでは、と思います。また、あまり深く書き込んでいないものの、分かりやすい表現に思えます。

気になるポイントと思えたのは、武蔵野プレイス(仮称)と家族ではないでしょうか。


原案は議員にも配布されていますが、詳細についてはまだ読みきっていません。ざっと見た限りでは、次の二つが気になりました。

ひとつは、武蔵野プレイスです。複合施設であるため、ひとつの分野だけでなく、複数の分野に関わることになり、原案には合計19カ所に記載があるほどです。数を見ても、これからの武蔵野市にゆくえに大きな影響が考えられるということでしょう。

原案には、
『「武蔵野プレイス(仮称)」の完成がこの調整計画期間中に見込まれるが、これをひとつのバネとして新しい都市文化の創造を目指し、次世代志向ビジネスや文化産業を象徴する代表的都市としての発展を図ることが課題である。
 分権と地域間競争の時代を迎えて、都市政策においても次世代に向けての活性化戦略が大きな比重を持ちつつある。活性化資源を市民と行政が協働しながら、お互いの知恵と創造力をもって評価し、明確な方針を立案し、活用していくことが強く望まれる。』とあります。

いろいろな分野に関わることは、どの分野にも中途半端になる危険性もあります。施設規模だけではなく、完成することによって何がどうなるのか、そのビジョンを早急に明確にすべき時期だと思います。これから調整計画が確定していくなかで、より具体性が出てくるのか注目すべきでしょう。

 
もうひとつは、「家族」ではと思いました。
第四期基本構想・長期計画には、『人間の生きる原点は、社会の最小単位、家族・家庭にある。家族がいて、家族と暮らして、人々は喜びや悲しみ、楽しみを共有し、生きている意味を実感できる。親子・兄弟・姉妹・親族を中心に、地域に新しい家族をつくろう。住まいの窓を開けて、それぞれの生き方を尊重しながら、助け合い励まし合う新しい家族を見つけよう』と記載されており、『都市の窓を開こう』、『持続可能な社会をつくろう』と併せて『新しい家族を育てよう』が三本柱のひとつになっているのですが、今回の原案には、基本構想で記載されているとの説明はあるものの、本文には「新しい家族」との記載がないのです。

家族の大切さは言うまでもありませんが、市の計画として書き込むべきことなのか。理想像の押し付けではないか、との批判の声を聞きます。原案を見る限りでは、新しい家族がどうなったのか。調整する必要があるのかないのか、良く分からないと思えるからです。

上記以外にも注目すべき点は多数ありますが、詳細は、原案をご覧になっていただくとして、政策内容ではなく計画の作り方として面白いな、と思ったのは、「ニーズ得点」という手法です。

【満足度】と【重要度】を縦と横の軸に配置し、重要度が低く満足度も低い項目から重要度が高く満足度も高い項目へと各種の施策を図に散布させているのです。判断基準をどこに置くかで度数は変わると思いますが、客観的に分かるため今後の施策に活かせるように思えました。

もうひと工夫が必要と思えたのは、財政計画についてです。
長期的視野について試算がされているのはいいのですが、巻末に記載するのではなく、いろいろな計画を並べる前の巻頭に記載すべきと思えたからです。最初に財政計画を示し、どの程度の予算が今後の政策に使える。この施策にはいくらぐらいが必要である、とか、いくらぐらいが使える、あるいはこの政策は減らすべきだ、との計画にすべきではと思うからです。

市民会議は、一番最初に共通の情報として各分野の市民委員が集まり、財政状況を市から説明を受けるという手法で始めていたのですから、原案でも財政計画を最初にすべきではとも思います。次の計画で構成方法を考えて欲しいと思いました。

市議会と策定計画委員との意見交換(全員協議会)は1月17日13時30分から本会議場で行われます。
前回は10時間かかったそうです。今回はもっと時間がかかり、深夜になっても終わらないのでは、と不安視する声も聞かれます。議論は大いにすべきで深夜になろうが仕方がないことだと私は思いますが、問題はその内容です。揚げ足取りにならずに、政策議論になることを期待したいと思います。

原案に対する地区別市民ヒアリングは下記。

・東部地区 1 月25日( 金) 商工会館市民会議室
・中部地区 1 月30日( 水) 市役所81 1会議室
・西部地区 1 月31日( 木) スイングビルスカイルーム

開催時間は、いずれも午後7 時から午後9 時まで。

市民会議委員との意見交換も1 月29日( 火)市役所8 0 2 会議室で午後6 時半から午後8 時半まで行われます。

メールや文書による意見も募集されています。

詳しくは、市のサイトにある『調整計画原案』に基づく地区別市民ヒアリング のページをご覧下さい。

原案は、「武蔵野市第四期長期計画調整計画原案(平成20年度~24年度)」のページにあります。