外環道路に動き! 国幹会議開催へ

国土交通省が12月18日、第3回国土開発幹線自動車道建設会議を開催することを発表しました。

日時:平成19年12月25日(火) 14:00~15:00
場所:ホテルオークラ 本館一階「平安の間」
議題:(1)会長互選
   (2)基本計画※の策定について
   (3)その他

としていますが、『※東京外かく環状道路(関越~東名)』と記載されており、外環道路(東京外郭環状道路)について協議があることが分かります。


外環道路について、11日に福田首相と会談した石原都知事が、東京都の法人事業税から3000億円程度を他の自治体に移す政府案を都が受け入れる見返りとして、2016年のオリンピックや外環道路や羽田空港の整備を国が進めるように求めたと見られると報道されています。

この会談での見返りとするなら、あまりに早い開催時期です。もっと前に日程は調整されているはずですから、すでにレールはできているのかもしれません。

国幹会議については、17日に開催された外環道路特別委員会では何時開催されるか分からない、と市担当者の答弁がありましたので、市も分からないところで決まったということになります。

いずれにせよ、外環道路は道路の建設の是非だけでなく、税の考え方やオリンピックともからみ動き出そうとしているようです。

ちなみに国幹会議(こっかんかいぎ)の正式名称は、国土開発幹線自動車道建設会議。高速道路建設が必要な否か。誰が建設するのか、工事費などを審議する国土交通相の諮問機関です。高速道路の整備計画については、国交相が策定することになっていますが、国幹会議で実質的に決まります。

国幹会議の構成メンバーは、下記(敬称略)。国会議員が半数となっています。

伊吹文明衆議院議員
小沢鋭仁〃
谷垣禎一〃
二階俊博〃
鉢呂吉雄〃
山本有二〃

輿石東参議院議員
羽田雄一郎〃
藤井孝男〃
山崎正昭〃

[学識経験者]
上村多恵子 社団法人京都経済同友会常任幹事
楓千里 ㈱JTBパブリッシング法人事業部長
金子原二郎 長崎県知事
桜井正光 社団法人経済同友会代表幹事
杉山雅洋 早稲田大学商学学術院教授
張富士夫 社団法人日本自動車工業会会長
橋本博之 慶應義塾大学大学院法務研究科教授
早坂礼子 ㈱産業経済新聞社編集局編集委員
御手洗冨士夫 社団法人日本経済団体連合会会長
森地茂 政策研究大学院大学教授

【参考】
国土交通省 プレスリリース
47NEWS 『税収再配分を都が容認 税収再配分を都が容認』