市立小学校で個人情報入りUSBメモリが盗難に

武蔵野市立小学校の教員が、個人情報が入ったUSBメモリをナップザックに入れ校外学習に出かけたところ、ナップザックが盗難に遭い、結果として個人情報をなくしてしまう事件が11月30日に発生しました。

USBメモリには、学級連絡網、児童名簿、成績が入っていたとのこと。
市としては、全教職員に聞き取り調査を実施、USBメモリなど外部記憶媒体は金庫に保管するなど校外持ち出し禁止など個人情報の持ち出し禁止の徹底化。該当の保護者への報告と陳謝を行っています。

詳しくは、11月13日の文教委員会で行政報告が予定されています。

以上が、議会へ知らされている内容です。行政報告の後、再度、レポートします。