大連立

福田首相が、民主党の小沢代表に連立政権への参加を申し入れたが民主党は拒否したことへのさまさまな報道があります。細かな話は別として、

それってないよな、

が、正直な感想。

政権交代可能な体制にすることで、政治を変える、官僚支配からの脱却になる。これは、政権を獲るという目的以上であったはず。甘い誘惑、目先の利益に引き込まれたのでは、これまで政権交代と言いつづけて来たことが無意味です。このまま大連立に乗ってしまっては、民主党の意味がありません。末端党員としては、馬鹿馬鹿しく思えてしまいます。

それにしても、自民党おそるべし、そこまでして政権に固執するか、と思っていたら小沢代表が持ちかけ、さらに辞任との報道。う~ん。

政権はそれだけの魅力があるということなのでしょうか。魅力の中身、うまみは分かりませんが…。言ってきたことの筋は通すべき。代表辞任で民主党がどうなるか、逆に不安です。