吉祥寺でテロ特措法延長のシール投票 

6cacb53f.jpg今国会で最大の最大の焦点となるテロ対策特別措置法の延長についての賛否を問う「街頭シール投票」が9月9日に吉祥寺駅北口でありました。

テロ特措法に、賛成か反対か、それとも分からないのそれぞれの欄にシールを張って市民の意思を示そうとの取り組みです。


この取り組みは、全国の45箇所で同日に開かれたもの。主催団体のサイトによれば、武蔵野市での投票結果は、
延長に賛成= 58票。
反対= 283票
分からない= 21票でした。

45箇所の総数は、

賛成= 1046(11%)
反対=  7304(76%)
分からない=  1231(13%)

総数=9581

この結果がどうか分かりませんが、安倍首相が辞任すると報道されています。