議会改革は票にならない?

自治体議会改革フォーラムから「統一自治体選挙前半を終えて 変えなきゃ!議会2007キャンペーン中間報告」のリリースが出されました。

統一地方選の前半選には、フォーラムの賛同議員候補、現職53 名、新人66 名の計119 名出馬、現職43 名、新人18 名、合計60名の当選という結果になりました。

議会改革だけが争点ではありませんし、それぞれ候補者がどういう政策を掲げているかも分かりませんので何とも言えませんが、確率的には良いとは言えないようです。逆にいうと組織が安定しているような候補は、議会改革を掲げていなかったのかもしれませんが。

フォーラムでは、「議会改革に関する共通の公約を掲げた60 名が議会の場に送り出されることになります。ローカルマニフェストによる議会改革の約束とあわせて、今後の道府県議会、政令市議会における議会改革を始動する契機となるものと期待しています」
とコメントを発表しています。

4 月15日から後半戦が始まり22日の投票でどうなるか。

後半戦は、市区町村議会の選挙が多く前半戦とは様相がことなります。後半戦出馬予定は276名。有権者が議会改革への関心と期待があるのかどうかも示されることになると思います。

【参考】
議会改革 票呼べるか 朝日新聞三重版

あす告示 「議会改革」争点に  朝日新聞さいたま版