武蔵野プレイスに駐車場はいらない!?

三月議会の代表質問と一般質問が終わりました。これから各委員会審議へと議会日程が続きます。
これらの質問を聞いている限りでは、(仮称)武蔵野プレイスをどうするかが、市政の最大の焦点となっています。もうすぐで18年度予算の審議が始まりますが、プレイスを理由に予算が否決される可能性も出てきました。

武蔵野プレイスについては、先の鉄道対策・農水省跡地利用特別委員会で13億円の削減案が市から提案されています。
これまでに報告されてきた機能について、他の施設で代用できる機能などを見直したことにより、機能を残したうえでの削減案でした。

この案では、地下三階に考えられていた駐車場を施設内に作らず、近隣にある市有地に作る(隔地駐車)との方針が示されました。

東京都駐車場条例では、一定規模の施設には施設内に施設規模に合わせた駐車場を作らなくてはなりません。しかし、特別な事情がある場合は隔地駐車ができることになっています。

市の提案は、現在の基本設計で考えられている駐車場は、交通渋滞を引き起こす可能性があるため、が理由です。

確かに休日となれば、イトーヨーカドーの駐車場へ入ろうとする車がプレイスの場所まで並びます。
また、考えられている駐車場はリフトで出入庫しますので(スロープのスペースがない)、入庫待ちの時間が必ずありますから渋滞には影響が少なからず出るでしょう。
となれば、場所を移すという理由は分かります。

この提案に対して、邑上野党(自民、公明、市民クラブ)会派からの質問は、市有地とはいえ駐車場よりも他に使い道があるのでは。民間には、駐車場を作れと建築指導をしているのに、市が裏技のようなことをしていいのか、と議論になりました。

こんな提案じゃ、予算には賛成できない、と話している議員もいます。
この点だけで、市行政全体、市民生活全般に影響する予算を否決できるのか、と常識としては思いますが、この常識が通用するかも今後のポイントでしょう。

ちなみに、私が所属している会派、民主・市民ネットは、市長選では前市長の対抗馬を応援していた野党的立場でしたが、全てに満足はしないものの納得できるところが多いことから予算には賛成してきました。

話は戻ります。
代表質問と一般質問では、もう一つの縮減ポイントである4階については、議論はありませんでした。
4階には、200名規模のフォーラムと呼ばれる集会スペースなどがあるのですが、スイングなど他で代用できるとの提案には反論がないのが現状です。
200人規模のスペースが絶対に必要との意見もありませんでした。

以前にも指摘しましたが、基本設計では吹き抜けが多くこのスペースを凝縮することでも全体の規模は縮小できるはずです。
地下駐車場はともかくとして、4階部分をなくすだけでも建設コストは下がります。

代表質問と一般質問では、この点についての指摘はなく、また、コストを下げるべきだとの主張もありませんでした。

となると、現状で良いとの論は、たんに大きいモノを作っておけばいい、どうせ作るなら大きいモノを、という考えになるのでしょうか。
隔地駐車場でなければ、4階から3階への縮小でも納得するのか、この議論もありませんでした。

建設費は税金です。
税金は自分の財布ではない。
どうせなら大きいモノ、とにかく作ればいい的な感覚で公共工事が行われて、借金だらけの今の日本となっています。
武蔵野プレイスにも同じ考えがあるように思えてなりません。

何をどう使うのか、どう運用するのか。
さらには現状での運営コストも明確はないのです(現在示されているのは同規模の施設での額)。

邑上市政が13億円の縮小案を出してきたのは大いに評価できます。
税金からの支出を減らそうという努力だからです。
しかし、問題はその先。
どう使うのか。誰が使うのかを今こそ考えるべきです。
このように必要だとの根拠があればまだしも、とにかくデカイのがいい、では、税金の無駄遣いにつながることになります。
借金だらけの日本と同じです。

もうひとつ、今だから考えるべきことがあります。

それは、駅前の公共施設に駐車場が必要なのか、ということです。

都条例で設置義務がありますが、これは駐車場が少ないことから違法駐車が多くなったことで作られた条例です。

武蔵野プレイスは駅前の一等地にあります。
公共交通機関もあります。
そこへ車で来る必要があるのでしょうか。
荷さばきや身障者用は必要ですが、地球環境を考えても公共交通機関や自転車、徒歩で来るべきではないでしょうか。

武蔵野プレイスのある境南町を考えれば、路地裏までムーバス(コミュニティバス)が走り武蔵野プレイスの目の前までやってくるのです。
というよりも、公共交通機関があるのですから、ガソリンを使ってCO2を排出して車で来る必要はありません。

となれば、駐車場を隔地というのではなく、必要ない、としたほうがスッキリします。
商業施設であれば、集客が必要ですから駐車場は営業ツールとして必要でしょう。
しかし、武蔵野プレイスは公共施設であり図書館機能がメインなのです。

もし、車で図書館に行かなくてはならないのなら、駐車場のある中央図書館に行けばいいのです。
吉祥寺駅近くにある吉祥寺図書館に、駐車場を作って欲しいとの声も聞きません。
駅前図書館に駐車場は必要ないのです(荷さばきと身障者用は必要です)。

都条例で設置義務があるからダメとの論があるかもしれません。
しかし、条例のために生活しているのでありません。
時代を考え、現場を考えて実情にあっていないのであれば改正すればいいのです。
地方自治として考えれば、武蔵境南口の現状を優先して考えればいいのだと思います。

東京都駐車条例第一七条には、知事が特に必要がないと認める場合には設置義務がないとしてあります。
石原さんが認めてくれるかは分かりませんが、駅前に駐車場が必要なのか。
この議論も必要です。