メール問題への民主党の対応 (2)

メール問題で自民党から再質問が民主党に送られたため、民主党が回答した文書を下記に転載します。

それにしても、いつの間にか衆議院を予算が通過してしまったような気がします。民主党の自爆でもありますが、納得でる審議が行われたのでしょうか。



———————————————

2006年3月3日

自由民主党 御中

民主党幹事長
鳩山由紀夫
衆議院議員
永田寿康

 衆議院予算委員会及び党首討論などにおける質疑で取り上げました、ライブ
ドア問題に関わるいわゆる「送金メール」「口座」問題について、以下、連名
にて事実認識と謝罪に関して表明いたします。

まず、事実認識として、以下のとおりと考えます。

①予算委員会等で指摘したいわゆる「送金メール」は根拠のない偽物であること。

②3000万円がライブドアから武部幹事長の次男の金融機関の口座に送金さ
れ、ライブドアの資金が武部幹事長周辺に流れたとする疑惑も全くの事実無根
であったこと。

また、党代表・党幹事長の公式記者会見、昨日の公開質問状に対する党及び議
員個人の回答、昨日の衆議院予算委員会及び本会議における討論の冒頭で陳謝
してまいりましたが、改めて上記事実認識に基づき、自由民主党ならびに武部
幹事長およびそのご次男に対しまして、その名誉を著しく毀損したことを心か
ら陳謝申し上げます。

加えまして、自由民主党及び武部幹事長並びにご子息のご了承を前提といたし
まして、国会のしかるべき場で改めて陳謝いたします。

さらに、衆議院予算委員会及び国家基本政策委員会の議事録については、ご要
求通り該当個所の削除に応じます。

なお、本状については、報道機関に発表し、同時にわが党のホームページに掲
載することをもって公表いたします。

以上

<参考> 自由民主党からの公開質問状(2)

民 主 党 御中
衆議院議員 永田寿康殿

平成18年3月2日
自 由 民 主 党

公開質問状(2)

冠省 本日、回答期限の正午までに貴党及び永田議員からわが党の公開質問状
に対する回答書を受け取りました。期限を遵守して回答いただいた誠意に感謝
申し上げます。わが党は、本回答書について、貴党及び永田議員に対し、下記
のとおり再度質問の形で確認させていただきたいと存じます。明日3日午前1
1時までに書面で回答されるよう通知します。

1(事実認識が不十分であること)
(1)民主党執行部及び永田議員は、
① 予算委員会等で指摘していたいわゆる「送金メール」は根拠のない偽物であること
② 3000万円がライブドアから武部幹事長の次男の金融機関の口座に送金
され、ライブドアの資金が武部幹事長周辺に流れたとする疑惑も全くの事実無
根であったこと
を正面から素直に認め、民主党執行部及び永田議員の発言によって自民党、武
部幹事長及びその次男の名誉を著しく毀損したことを謝罪する必要があります。

(2)しかるに、民主党回答書は、「『メール』及びこれに係わる『口座』問
題を前提にした疑惑はその論拠が消滅したと理解しており」と述べ、永田議員
では回答書でも「『メール』は本物でないことについて得心いたしておりま
す。」「それに付随して私がいわゆる『疑惑』と指摘してきた点についてもそ
の論拠が消滅したと理解しております」などと述べ、事実無根であったことを
明確に述べておりません。メールは初めから偽物であったのであり、論拠は
「消滅」したのではなく、最初から「なかった」のです。また、「得心」とい
うのは「納得すること。十分に承知すること。」(岩波「国語辞典」第3版)
という意味ですが、「メールは偽物でありました」と事実を端的に明記するの
が正しい態度です。

(3)わが党としては、上記①及び②が全くの事実無根であることは今日明ら
かになっている以上、その旨を端的に認め、素直に謝罪をされるのでなければ
謝罪として受け入れることはできません。また、党首討論において貴党代表が
「確証がある」と再三繰り返し述べたことについても事実無根であったことを
認め率直な表現で謝罪をされることを強く要望します。

2(謝罪の方法について)
(1)事実無根の発言によってわが党並びに武部幹事長及びその次男の名誉を
毀損した以上、毀損された名誉を回復し、かつ、慰藉するには被害者である上
記のものらが納得する内容のもので、かつ、納得できる方法でなければならな
いことは貴党及び永田議員も十分理解していらっしゃることと存じます。

(2)そこで、民主党及び永田議員が
 ① 予算委員会等で指摘していた「送金メール」は根拠のない偽物であること
 ②3000万円がライブドアから武部幹事長の次男の金融機関の口座に送金
され、ライブドアの資金が武部幹事長周辺に流れたとする疑惑も全くの事実無
根であったこと
を認め、かかる民主党執行部及び永田議員の事実無根発言によって、自民党な
らびに武部幹事長及びその次男の名誉を著しく毀損したことを謝罪する旨の陳
謝を行うことを強く求めます。

(3)そして、上記陳謝は、国会の会議録に記録されるように、わが党ならび
に武部幹事長及びその次男が納得する方法で本会議又は委員会等において行う
ことを求めます。

(4)さらに、民主党及び永田議員は「金で魂を売った」などの永田議員の発
言及び民主党執行部の発言について会議録から削除することを求めます。

(5)加えて、民主党及び永田議員は、連名で上記陳謝の内容をそのまま適切
な方法で公表することを求めます。

(以上)