メール問題への民主党の対応

ホリエモンが出したとされるメールでの騒動で、自民党から民主党へ公開質問状が出されました。
これに対して、民主党と永田議員が回答しましたので転載します。

メール問題も問題ですけど、もっと他に国会では審議することがあるんじゃないでしょうか。
予算を審議していたはずです。
問題を先の衆議院選挙のようにすり替えられているように感じます(民主党に攻めの弱さがあるのも事実)。

国会、自民、民主にかかわらず、相手をやりこめたい、どうだスゴイだろうというような質問があるのも議会。
政治不信を自ら作っていると言われても仕方がないのかもしれません。

以下、自民党からの公開質問状に対する回答


———————————————————————-

2006年3月2日

自由民主党 御中

民主党幹事長
鳩山由紀夫

拝復

 昨日頂戴致しました質問状について、取り急ぎご回答申し上げます。

 まず、「メール」問題に関する党の見解は28日発表の党声明のとおりです。既に
党は処分等を発令すると共に、党代表並びに小職が貴党及び武部幹事長並びにご子息
に対して公式会見等で陳謝の意を表明しておりますが、本状をもって改めてその意思
を表明します。

 また、党はこの見解を踏まえ、衆院予算委員会等で求めておりました本件に係わる国
政調査権の発動等を直ちに取り下げましたが、貴党の逢沢一郎議員に対する懲罰動議
の取り下げなどさらに所要の措置を講じます。

 党の見解と永田議員の記者会見における発言に差異が生じていることは遺憾であ
り、永田議員の発言には混乱と矛盾があると考えます。従って、懲罰動議の速やかな
審議を通じて、本人弁明の中で改めて発言撤回と陳謝を表明させます。

 なお、永田議員については既に会派離脱いたしましたが、懲罰内容については貴党
からの提案及び他党の意見に従い、党として対応する決意です。

 「メール」及びそれに係る「口座」問題を前提とした疑惑はその論拠が消滅したと
理解しており、貴党及び武部幹事長並びにご子息に対する謝罪につきましては、小職
が貴党本部に謝罪に伺う旨を既に表明しましたが、改めて政府予算の衆議院採決に際
する討論、あるいは会談において表明させていただきたく存じます。

 また、名誉回復については、本状及び上記の行為について誠意をもって対応させて
いただきますのでご理解をいただきたいと存じます。

 以上、取り急ぎ回答とさせて頂きます。

敬具

———————————————————————-
2006年3月2日

自由民主党 御中

衆議院議員
永田寿康

拝復

 頂戴致しました質問状に対しまして、御党に取り急ぎご回答申し上げます。

 まず、この度の件につきましては私の責任の重大さを痛感しております。先の会見
におきましては退院直後であり極度の緊張のもとで私の意を十分にお伝えできなかっ
たことを猛省しております。申し訳ございませんでした。

 「メール」問題につきましては、全て私の先入観と思い込みに基づくものであり、党
の調査および声明のとおり、「メール」は本物ではないことについて得心いたしてお
ります。またそれに付随して私がいわゆる「疑惑」と指摘してきた点についてもその
論拠が消滅したと理解しております。先の会見では錯綜し明確にお答えしなかったこ
と、あいまいな表現を用いたことをお詫びし、撤回させていただきます。誤解を招い
たことについて深くお詫び申し上げます。

 ここに、自由民主党及び武部幹事長並びにご子息に対しまして、心からお詫び申し上
げます。すでに私は、党から処分を受け、会派も離脱いたしました。しかし、これを
もって私の間違いを償うことはできないと考えております。従いまして、懲罰につい
てはいかなる内容であろうとも異論を述べず、慎んでお受けいたします。また、かな
うものであれば、ご迷惑をおかけした皆さま、院及び議員各位に対しまして懲罰委員
会における身上弁明において心からの発言撤回と陳謝を表明させていただきたいと存
じます。

 「メール」及びそれに係る「口座」問題を前提とした疑惑は、前述のとおり私が十
分な調査を怠り、思い込みに基づいたものであり、根拠のない誤りでした。貴党及び
武部幹事長並びにご子息に対する謝罪につきましては、できうれば直接お会いして表
明させていただきたいと希望しております。

 また、名誉回復につきましては、本状及び上記について誠意をもって行いたいと存
じますが、さらにご指示があれば承り、全力を尽くしたいと思っております。

 以上、これだけで十分な意を表明できてはいないとは思いますが、取り急ぎ謝罪の
意思を込めた回答とさせて頂きます。

敬具

———————————————————————-
<参考> 自由民主党からの公開質問状

民 主 党 御中
衆議院議員 永田寿康殿

平成18年3月1日
自 由 民 主 党

公 開 質 問 状

 今般の捏造メールに関して永田議員及び貴党から弁明がされたが、国民的視
点からは一向に同議員及び貴党に対する疑惑は晴れない。ついては、一般国民
が疑問に思う下記の点を質問するので回答されたい。
 以下の回答は、書面で3月2日正午までにされるよう通知する。
 

1 昨日貴党が出された声明と永田議員の会見内容には齟齬がある。すなわ
ち、メールの真贋について貴党声明は偽物であることを認めるのに対し、永田
議員はこれを認めない。かかる齟齬について貴党及び永田議員はいかなる対応
を取られる所存か明確に回答されたい。

2 貴党並びに貴党執行部及び永田議員は3000万円がわが党幹事長周辺に
流れたとする疑惑についても事実でなかったことを認め謝罪する意志があるの
か否かについて回答されたい。
 仮に事実でないことを認めない場合は、貴党において「3000万円がわが
党幹事長周辺に流れた」旨を根拠付けるすべての資料を公開した上、記者会見
で明言することを求める。
 
3 わが党ならびにわが党幹事長及び幹事長の次男に対する貴党及び永田議員
の名誉毀損について、今後いかなる名誉回復措置を図る意志があるのか否か、
また回復措置を図るのであればその具体的な内容についても回答されたい。

(以上)