小泉内閣支持層はIQが低い?

中村てつじ前衆議院がブログを開設したとのメルマガが配信されてきたので、のぞいてみました。

まだ、スタートしたばかりでコンテンツは十分ではありませんが(人のことは言えませんね)、国民を馬鹿にしたような資料についての記事が書かれてあり非常におもしろく読むことができました。

この資料とは、解散前の衆議院で「郵政民営化に関する特別委員会」が開かれていたときに、中村さんが「郵政民営化ってそうだったんだ通信」という折込チラシの契約にまつわる資料のことです。
これを、国民のみなさまに知っていただきたい、とブログでも公開しています。

資料のタイトルは、「郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略(案)」。

郵政民営化を国民に知らせるにあたって、小泉支持層をターゲットして狙うべき。
そして、支持者層とはIQが低い。具体的なことは分からないが小泉首相のキャラクターを支持する層となっていました。

IQが高い層は、道路公団の民営化などで悲観的な観測を持っているから省いていました。

この後、衆議院が解散され、小泉首相の一人勝ちとなっています。
キャンペーンの狙いが、当たったのかのご判断はおませしますが、衆議院選挙の結果を見れば小泉案の郵政民営化が支持されたことになります。

ターゲット層を決めて分かりやすく伝えていく手法は、民主党も見習う必要があると思います。
しかし、IQが低いなどとよく書けるなぁと思います。
どんな理由でIQが低いのでしょうか? でも
あえて見切っていることには脱帽です。

【参考】中村てつじの「日本再構築」
資料について配信したメルマガのバックナンバー
上記の資料