武蔵野市長選 むらかみ氏出馬

武蔵野市長選挙にむらかみ(邑上)守正さんが出馬することになりました。

むらかみさんは、一級建築士で都市プランナー。
仕事として市民参加によるまちづくり条例の策定に関わったりコミセンや少年野球などの地域活動も実践している人物です。
前回の市長選に続き、二回目のチャレンジとなります。

私とは、学童クラブの父母会活動を通じての旧知の仲でもあります。

現在、武蔵野市長選には、市の課長が出馬を表明しています。
この課長さんは、行政マンとしては優秀だと思いますし人物としても評価できる人だと思います。

しかし、前市長の土屋正忠衆議院議員が自ら後継として指名し、出馬記者会見でも同席するなど“世襲市長”として出馬となっており、前市長の指図による市政が続くように思えてなりません。
市政の私物化にもつながるような出馬には大きな疑問符が付きます。

武蔵野市長選は10月2日告示。10月9日(日)が投票日です。