武蔵野市の次世代育策が出たけれど

第二次子どもプラン武蔵野が発表になりました。
国が作れと言っていた、少子化対策への地域行動計画です。
(次世代育成支援対策推進法)

基本的には、先に出された長期計画(総合計画)とさほど変わりません。

長期計画の議論で裏の主役となっていた学童クラブへの表記は下記になっています


*********************************
地域子ども館と学童クラブの連携や総合に関する研究

 小学校内若しくは隣接地に設置された学童クラブでは、時間帯は限られているが地域子ども館の教室開放や校庭開放で、地域子ども館に参加の子どもと交流が行われている。学童クラブと地域子ども館では、設置の目的や趣旨、活動の内容、運営の方法、参加児童の範囲など異なる事業ではあるが、重なり合う部分もあるため、同じ学校・地域の児童という視点で活動内容や指導員・スタッフの連携を深めるとともに統合についても研究を行う。

**************************************

なんか、いろいろ理由を付けて、やっと最後に統合の文字を持ってきたって感じかな。

学童クラブと全児童対策事業を事業費を安くあげるために統合しようとの動きは全国的に広がっています。
武蔵野市でも10年ぐらい前に動きがありました。
当時の学童クラブ父母会の反対などから未だ目に付く動きにはなっていません。

先の長期計画の議論でも、別事業である、研究するだけとの市長や担当職員からの答弁となっていましたが、さてさて。 

地域行動計画については、アンケートやヒアリングを行うとの予算を組んでいましたが、結局使わず、以前の計画を焼き回して使っています。
長期計画で議論したからそれでいい、との考えようのようですが、少子化対策や児童施策は、結局、力が入っていないのかな、とも思えてしまいますね。

計画は市のホームページにあります