議員によるマニフェスト

14日にローカル・マニフェスト推進地方議員連盟設立準備運営委員会に参加してきました。

マニフェストは、なんだかアヤシイ政治の世界をマトモにしていくための大きな武器になるのだと思っています。


政治家が選挙の時に公約を作りますが、けっこうあやふやなことも多く、その後は誰も知らないことが多々あります。
自分にとっても同じことですが、言ったことはちゃんとやれよ、との世界にしていく必要もあると思いますね。

マニフェストの提唱者でもあり、この地方議員連盟設立の呼びかけ人でもある北川正恭前三重県知事、元早稲田大学マニフェスト研究所所長は、
「まず民主主義の根幹をなす選挙を「地盤・看板・鞄」を重んじてきた俗人的なものから、有権者との契約を重んじる政策中心の選挙に変えるために、マニフェストを通じて運動から始めました」
とコメントしています。

早い話、地縁、血縁、利権とお金があるヤツが政治家になれるとの日本の政治を変えていくのだと私も思っています。

5月22日に地方議員の結成大会があります。
どれだけ集まってくるか、今後の政治を考える上でも重要な大会になりそうです。

【参考】早稲田大学マニフェスト研究所