野球を知らない今時の子ども

先日、小学生の子どもの保護者会があって、野球を教えるがタイヘンだ、との話しが先生からありました。

まず、ルールを知らない。
打ったら、どこへ走るかも分からない子どもが多い。
教えることが多くて、一回の表裏だけで授業が終わってしまうのだそうです。

そう言えば、空き地や路地裏で野球なんかやっている子どもを見かけませんね。
ルールを知る機会もないし、野球もどきで遊んでいるという基礎がないのでしょう。
もともと、そんな場所がないのでしかたがありませんが…

三角ベースなんて知らない子どもがほとんどのようです。
野球をやるならクラブチームに入って、との流れにもなっています。
細かなルールを知らなくても、ボールひとつあればできてしまうサッカーに人気を奪われていることもあるのだと思います。

少しだけ野球少年だった自分としては、なんか寂しい(^^;

プロ野球改革が騒がれていますが、底辺にもっと大問題があるように思いますね。