学力調査テスト

昨日、小五の子どもがテストをしてきたと話していました。
結果はどうじゃ? と聞きましたが、子どもには分からないようです。
このテストは、平成16年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」で、
『児童・生徒一人一人の学習状況の改善に役立てるとともに、各学校における授業の改善、区市町村における学力向上のための施策の充実に役立てる。なお、都及び区市町村別の調査結果を公表する』(東京都教育庁プレス発表)
なんだそうです。

これに対し、都教職員組合は同日、「テスト実施と成績公表は地域間の競争をあおり、子どもと学校教育に歪みと混乱をもたらす」としています(毎日新聞より)。

教育に課題が多いとは感じています。
ゆとり教育を急転回するとの大臣発言などもあり教育界は混乱しているようですね。
ある教員に聞いたら、週5日制で授業がタイト。
さらに、やたらと報告書を書かなくてはならず、授業以外に費やす時間が大幅に増えていると話していました。

また、こんなんじゃやっていられない、と公務員としての教員を辞めてしまい、私立の教員へ転職した人もいます。
子どもの公立離れも多いのですが、教員の公立離れもあるのですね。

このテストがどのような結果になるかは分かりませんが、ドタバタなのは確かなようです。



ちなみに小5向け社会の問題の一部は下記。
さて正解は?

————————————————————

伝統的な工業の製品をつくっている職人さんにインタビューをしました。
これを読んで,伝統的な工業について考えられることを,下の1から4までの中から一つ選び,番号で答えましょう。

○ 職人さんの話
「わたしは長い年月をかけて,昔から伝わるすぐれた技術を身に付けて手づくりのよさや味わいを大切にしながら,今のくらしにも合うような新しい製品づくりにも取り組んでいます。
これからは,わかい人たちにも技術を伝えて,この仕事をいつまでも残していきたいと思っています。」

答え
1 伝統的な工業の技術は,受けつぐ人がたくさんいるので心配する必要はない。
2 伝統的な工業は,昔はさかんだったが,今ではすっかりなくなってしまった。
3 伝統的な工業の製品のよさは手づくりにあり,技術は人から人へ伝えられている。
4 伝統的な工業は,新しい製品は作らないで,昔と同じものだけをつくっている。

——————————————–

【参考】
平成16年度「児童・生徒の学力向上を図るための調査」の実施について
問題と解答もあります。

学力テスト:小学5年生も対象に加え実施-都教委の公立小中校(MSN/毎日新聞)

上記設問の答えは 3

これだけの設問だと他でも正解なような気がしますが…

設問の前に東京の伝統工芸の話しがあってからの問題です。
詳しくは上記教育庁発表の児童・生徒の学力向上を図るための調査をご覧ください。
 

関連記事は「[3tkss]三鷹:教育ウォッチング」で。
トラックバックしました。