文科省 幼保一元化施設へまとめ

文部科学省が、
「就学前の教育・保育を一体として捉えた一貫した総合施設について(審議のまとめ)」
を発表しています

少子化がすすみ幼稚園の経営が難しい反面、共稼ぎ家庭が増え、保育園の需要が高まり(特に0~2才)待機児が社会問題化しています。

そこで、地方分権を進める意味もあり、同じ幼児を対象とする幼稚園と保育園を団量的に運営してもいい、との国の通達のあり、幼保一元化は進んできています。

とはいうものの、人数が集まらない幼稚園に保育園を望む子どもを集めたい経営論理と公務員保育士を減らし民間委託して安上がりな行政にしたいとの論理も背景にはあるのです。
早い話、これまでの事業が上手くいかず借金こさえて首が回らなくなってきた行政が保育園や幼稚園を統合して安上がりに子ども施策を行いたいとの思いもあり、この複合化施設は最近になって注目さているのです。

武蔵野市でも、隣同士になる市立境幼稚園と市立境保育園を幼保一元化施設について研究中。

このまとめでは「経営の効率性のみを重視するのではなく」とは書かれているが、じゃ実際にどうすんだとの提言はありません。
机上での論理でしょうからね。

具体的な例は東京新聞の「区別ないクラスで“仲良し”」にあります。
ご参考を。

いすれにせよ、少子化は子ども施策を軽視してきたこと、
男女共同参画など時代の変化に気が付いてこなかったことが背景にあるはず。


三鷹市在住のダディ三鷹さんも、幼保一元化へコメント。
旧金砂郷町の成功例を紹介しています。

幼稚園、保育園を利用している保護者(=市民)ともっとも肝心な子どもの気持ちを行政がちゃんと受け止められるのか、が勝負に思いますね。
決めたことに従ってもらう、なんて言い切る武蔵野市でどうなるか…

ジャンバラヤ-父・母・子のためのごった煮つぶやき集-の記事にもトラックバックしました。